2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

携帯・デジカメ

2013年10月28日 (月)

投げ売りのdocomo携帯とOCNのSIMで980円+315円/月のおサイフ・スマフォを作る話 その2

おサイフケータイ設定編

OCNのSIMを挿したまま、おサイフケータイ・アプリを起動したところ。「対応UIMカード/USIMカードが未挿入~」というメッセージが出たのでダメかと思ったのですが。念のため、WAON、nanacoをインストールしたところ、いける。続けてインストールして下記は成功。

移行に成功した物 : WAON、nanaco、Suica、QuicPay、ヨドバシ、ぐるなび、ホットペッパー
新規で再登録   : JAL、マクドナルド、バーガーキング

これらは、すんなり設定でき。金額やポイントの残高移行に成功したのですが。EDyで問題発生。「端末の最大発券回数を超えました(20-ISR-10-002)」というメッセージが出て進まず。ネットで調べたら「携帯を変えろ」と、いう無茶な回答が。おいおい。(^^;

セキュリティサーバの認証に不具合がある。と、あたりを付けて。日付が変わった真夜中3時頃にリトライしたら通過。ただし、前の携帯で預けた残高が「お預かりがありません」と、ネコババモード。こちらは時間を置いて3回リトライしたら通過。残高が反映されました。

以上の状況から。Edyの認証サーバの処理能力が残念なので。処理が重いと不適切なエラーを返す場合がある。との予想に確信を持ちました。ということで、Edyの移行に失敗したら。翌日の丑三つ時頃のリトライを推奨します。

残念ながらiDだけはインストール時点で失敗。ま、これもdocomo独自アプリのひとつなので無理もナシ。iDしか使えない店はまれなので。これについては使用停止と決めました。

登録した電子マネーの確認でコンビニをはしご。ローソンのおでんより、セブンイレブンのおでんのほうが美味しい。という、ムダ知識が得られるというおまけ付きでした。

月末にdocomoに行き回線の解約。途中解約ペナルティと今月分の通信費、契約金などの合計が約24000円。キャシュバックキャンペーンで購入時に2万円現金で貰ってるので。実質4000円で新品のスマフォが手に入った事になります。中古狙うよりお得な買い物でした。

Screenshot_20131028034218 Screenshot_20131028033643

彼方より (諸星大二郎自選短編集) (集英社文庫―コミック版)

投げ売りのdocomo携帯とOCNのSIMで980円+315円/月のおサイフ・スマフォを作る話 その1

docomoの前を通りかかったらキャシュバックの告知。試しに聞いてみたら今年の夏モデルル・SH-06Eがゼロ円で2万円バック。2年縛りがあるものの、途中解約料金を払ってもお釣りが来る。今まで使ってた携帯のバッテリーが怪しいかったこともあり。速攻購入。

帰宅してOCNの月額980円のSIMをポチります。前回、翌日配達してくれたケートラを再度使ったのですが。今回は翌日配送ならず。翌々日に到着。

初期設定
起動するとAndroidの設定画面になるのはNEXUS7などと同じでしたが。ここからがdocomo(ものすごく悪い意味で)。独自アプリが邪魔しまくってgoogleに保持されてる環境とインストール済みアプリの自動復元ならず。しかたなく、手動でしこしこインストール。

続いて、システムを重くしてるのがまるわかりのdocomoアプリを消しにかかりましたが。半分はロックされていて消せず。諦めて通知を切るだけにトドメますが。デフォルトに比べると、かなり軽快。ネットの悪評の原因は、予想通り独自アプリ。(^^;

SIM設定のその前に
続いてSIMの登録。前に設定したときはネットで全て終わり10分もかからなかったので。今回も軽く見ていたら。なんと、2枚め以降はネットで登録できない。電話で問い合わせたところ、音声電話で受付て、速達で返答。でも、土日は事務が止まってるので待ってね。

ふざけた答えに大激怒。食い下がったら。今日中に有効化して、翌日昼過ぎに再度電話したらパスワードとIDを伝える。ということで電話を切ったのですが。よく考えたら、同姓同名の別人の振りして実家の住所で登録すればよかったのでは。と気付いたけど後の祭り。

翌日。再度電話してIDとパスをもらい無事開通。白ロム化とかしないでも。買ってきたまんまでOCNのSIMが使えました。大まかな設定方法はOCNのSIMにメモ程度のものが付いていますが。念のため説明すると。

SIM設定
設定→その他(Wi-Fiの下あたりに表示)→モバイルネットワーク→アクセスポイント名。ここでメニュ-を押し、新規を選んでOCNのSIMに添付されていたデータを入力します。

なお、SH-06EはNEXUS7とメニュ-の位置が上下逆(NEXUSは上、SH-06Eは下)だったので迷いましたが。この違いってOSのバージョンのせい? それとも、ここでもdocomo独自? (^^;

デフォルトの通信はSPモードになってると思うので。これを、今入力したOCNに変更。データ通信を有効にし。ブラウザなどを立ち上げて回線をテスト。この際にWi-Fiを切っておかないとWi-Fiでつながってしまうので。切り忘れないように。念のため。

IP電話を申し込む
今回は携帯電話としても使うので、050plus(月額315円のIP電話)も追加申込み。こちらはスマフォから手続きできて。前の携帯から移行しておいた電話帳も使え。使用テストも順調。

ただ、1つだけ文句が。それは登録時に確認用に要求される電話番号が、11桁しか通らないこと。ガラケーが残ってたから良かったものの。都内から申し込んだ場合、普通のNTT電話だと10桁なので通らない。受付システムを作った人。考えが足りないです。(^^;

続きは。おサイフケータイ設定編で。

Img_1824

2013年5月26日 (日)

Canon PowerShot S110 スマフォ・タブレットとのWi-Fi接続法

前のカメラ不調のため急遽コンデジを買い換え。S110を選択した最大の理由はアクセスポイントモードでのWi-Fi接続。前に使っていた他社製品でもWi-Fiがあったものの、クライアントモードのため外出先では役立たず。場所を選ばず接続出来るのは大きな利点。

なのですが。購入者の感想に「Wi-Fiが繋がらない」があった理由に納得。

結論から言えば、マニュアルが残念。説明を信じると繋がりません。マニュアル読まないタイプの人なら問題無いですが。今回はマニュアルを開いてしまったのが敗因。(^^;

というわけで、マニュアルを信じてしまった不幸な同士のために要点を抜粋。

◯カメラ側の基本設定
1.電源を入れたら、背面下の"MENU"を押し、表示された設定タブから工具(スパナとハンマーの絵)を選択(コントローラーリングの真ん中押しがOKや選択の意味になります)。コントローラーリングの下を押し続けると選択項目が上に流れるので。ここから"無線LAN"を選択。

2.ニックネームの設定
ニックネームの設定を選択してカメラの名前を入力。今回は分かりやすさ重視で"S110"。

◯タブレット、スマフォ側の準備
GooglePlay(Android)、iTunes(iOS)にアクセスしCanon CameraWindowをインストール。

◯撮影した画像をスマフォやタブレットに送る
1.カメラ側の準備
カメラ側の背面"▶"を押し、画像表示モードにします。コントロールリング上側の無線マークを上方向に押し込みます。これで接続先の選択になるので。上真ん中のスマフォマークを選択。ここから"SS-01C"を選択。SSIDと暗号化キー(パスワードのことです)が表示されます。

タイムアウトが早いので。急いで下記の操作に入ります。

2.端末側(タブレット、スマフォ)側の準備
受信側のWi-Fi接続画面を表示(今回はAndroidタブレットを例に説明)。表示されたアクセスポイントからカメラに表示されているSSID:"PSS110xxxx"を選択し接続。

3.受信と画像一覧の表示
端末側でCanon CameraWindowを起動。画面下の"カメラを接続して下さい"という表示が"接続完了"になったら、画面上の"カメラの画像を見る"をクリック。

4.画像選択とダウンロード
表示された画像一覧の中から端末に送りたい画像をクリック。拡大表示されたら、"保存"をクリック。これで端末側に画像が送られます。

Sc20130526140701 Sc20130526145524 Sc20130526145533 Sc20130526145547

蛇足.マニュアルが残念な理由の考察
写真に関しては専門的な説明もあるので。面倒くさいので新人やギャラの安い外注に丸投げした。という説は保留にしといて(実は最初の2日くらいはこの説を支持)。

想像するに。他社製品(AndroidやiOS)の説明を完全に抜いたため。おかしなことになってるのでは。と、思ったり。他社製品に触れると面倒だと考えた大人の事情が原因?

2011年12月31日 (土)

Lumix DMC-FX90-KのWi-Fi接続を試す(Windows、Android)

デジカメが壊れて代替機を探していたのですが。第一候補にしていたアンドロイド携帯Lumixを店頭で試したら。操作性、応答速度、ともに残念。と、いうわけで。同じくLimix系列のデジカメDMC-FX90-Kをポチることに。

この製品の特徴は、Wi-Fiでパソコンやスマートフォン(タブレット)に撮影した画像を送れること。早速試したのですが。初期設定は結構面倒。デジカメの操作レベルを超え、完全にパソコンの世界でした。(^^;

というわけで、自分の備忘録を兼ね。必要な操作をまとめて見ました。

I.初期設定
1-1.パソコン
カメラに同梱されているCD-ROMをパソコンにセット。PHOTOfunSTUDIO 6.4 HD Lite Edition with Wi-Fiをインストールします。

1-2.Android
AndroidマーケットからLumix Linkを検索してダウンロード。

II.実際の接続

2-1.まずは、Wi-Fiを設定する
Lumixを起動して「MENU」をタップ。「Wi-Fi設定」をタップ。「簡単設定」-「パソコン」をタップ。「アクセスポイントを登録します」と表示されたら「次へ」。WPSが使える場合はWPSで無線LANの設定をします。

もしWPSが使えない時は、「アクセスポイント検索」をタップ。表示されたAPから自分の無線LANを指定。パスワードを入力して認証されれば、Wi-Fiの設定は終了です。

2-2.Lumix→パソコン
パソコンをWi-Fiにログインさせ。PHOTOfunSTUDIO 6.4 HD Lite Edition with Wi-Fiを起動し。受信先フォルダ(デフォルトだと「ユーザーパブリック/Lumix Uploader File」)をクリックして開いてから待機させます。

Lumixで撮影済み画像を表示させ。画面の送信ボタンを押し。しばらく待つと。画像の一覧が表示されるので、送りたい画像をタップ(この際に複数選択も可能)。「決定」をタップし「今からWi-Fiで送る」をタップ。

「PC」を選択し「送信先一覧」をタップ。表示された一覧から目的のパソコン名を指定し「決定」。これで転送が開始されます。転送された画像はデフォルトだと「ユーザーパブリック/Lumix Uploader File」という名のフォルダに入ります

2-3.Lumix→Android
Android側をWi-Fiにログインさせてから。Lumix Linkを起動して待機させます。

Lumixで撮影済みの画像を表示させ、画面の送信ボタンを押します。しばらく待つと。画像の一覧が表示されるので、送りたい画像をタップ(この際に複数選択も可能)。「決定」をタップし「今からWi-Fiで送る」をタップ。

「スマートフォン」-「送信先一覧」を選択。表示されたスマートフォン(タブレット)から自分の機種を指定すると、転送が開始されます。転送された画像はギャラリーなどのアプリで閲覧可能です。デフォルトだとLumix Linkというフォルダに入っていると思います。

補足.
2回目以降は、パソコン、スマートフォン(タブレット)の機種選択がとばされて、いきなり送信が始まることがあります。

注意事項.
1.公衆無線LAN非対応です。Bluetoothでもないので、携帯とLumixを直接繋ぐことはできません。あくまで無線ルーター経由です。このため、宿や喫茶店が店独自のLANを使っている場合は大丈夫ですが。公衆無線LANの場合は使えません。

2.Wi-Fiモードにすると電池の消耗がすごいです。ご利用は計画的に。

01_2 02 03 04


Panasonic デジタルカメラ ルミックス Wi-Fi搭載 ブラック DMC-FX90-K

2010年3月15日 (月)

docomoのままずるずる

ブログネタ: あなたが使っている携帯電話のキャリアは?参加数拍手

アナログ時代からdocomoを使い続けています。当初の理由はdocomoでないと山の上や地方でつながりにくい事情があったためです。

現在は他のキャリアもつながりやすくなってきたので、何度か買い換えようと言う気持ちにはなったのですが、主に費用の面で、ずるずると継続しています。

しかし、携帯電話ハードを無理やりランクづけして、高機能機は割り引きサービス対象外。型落ちした製品や低機能機のみに割り引きを適用する政策なのがいただけません。サイフと相談して新機種購入を検討すると、つねに性能的不満が残る構図です。

twitter周りがiPhone一色になってきているので。買い替えに迷う今日この頃です。

2010年1月27日 (水)

たんすケ-タイあつめタイ

どうせ、お役所の天下り事業だろう。届出に行くとエコポイントのときみたいに不愉快なお役所仕事に会うに違いない。と積極的に無視していたのですが、初音ミクの歌を聞いてしまったので、古い携帯電話を持参してヨドバシに行くことにしました。

携帯電話売り場に行くと、店員が「昨年末にウチで携帯を買っているとゴールドカード(要約)というので調べてもらったところ、残念ながら買った時期が前すぎたので、特典は無しになりました。というわけでシルバーカードなる名刺みたいな紙をゲット。

サイトにアクセスし、カードに書かれた番号を入力。結果は「残念」。おまけに、直後に通信エラー。サーバーの処理能力がチープなようです。(^^;

とはいえ、省エネ機器購入の際に比べると、手続きが格段に簡素化されています。ミクの採用も含め、今までのお役所仕事とは一味違いました。くじはハズレでしたが、広報のミク採用とスピーディーな処理方法に関して評価したいと思います。
http://tansu-keitai.jp/

今回の出来事は。役人の信用が地に落ちているという周知の事実を蒸し返すより、初音ミクの歌が人の心を動かした。というマクロス的な展開に着目するべきかもしれません。まさしく、虚空歌姫(イツワリノウタヒメ)初音ミク。

0_3 1_3 3_3 4_3

2008年11月 6日 (木)

今期携帯の新モデル

今期の携帯新モデルの各社発表が揃いました。性能的にはほぼ予想通りですが、価格のほうは予想ほど下がりませんでした。残念。こんなことなら、旧モデルをゼロ円サービスで買う手もあったかも。などと思っても、もう遅いですね。(^^;

docomは以前の906・706の2種から、STYLE・PRIME・SMART・PROの4シリーズに細分化されました。自分のライフスタイルなら考えると、PRIMEあたりが該当するのでしょうか。カタログスペックだけならF-01Aあたりがよさそうに見えますが、店頭で実機に触らないと結論は出せません。

選択肢が増えたのはよいのですが、選ぶのが大変そうです。まあ、このあたりは面倒と思うのではなく、買い物を楽しむ方向でスペックを細かく比較していきたいと思います。

ケータイwatch
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/42585.html

docomo報道発表
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/081105_01_2.html

2008年8月18日 (月)

迷ってしまう携帯電話選び

しばらく前、携帯電話を買い替えようとして新機種の情報収集を始めたところ。iPhoneの発売と、それに対応したNTT社長の[値段を下げて対抗する」という趣旨の発言で買い控えていました。その後、iPhone発売直後の混乱と、それに伴う情報が錯綜しました。

というわけで、現時点までの情報をまとめて、今後の対策としたいと思います。って、なんだか、アニメの総集編の回みたいな言い回しになってる気がしないでも。(^^;

さて、話題のiPoneは現在失速中。最大の理由は発売時に設定された通信費が高すぎたこと。私も高かったので買うのを踏みとどまったクチですが、いざ冷静になって考えてみると、利点とともにデメリットも明らかになってきました。まず、最大の利点はiTuneとの連携でiPodとして使えること。iTuneで購入した曲のプロテクトが合法的かつ簡単に外れる機種は現時点ではこれだけ。Webブラウザの閲覧機能は、使うと通信費が最大になってしまうので、これについてはプラマイゼロ。最大の欠点はカメラ機能がチープなことと、ワンセグがないこと。このため、今頃になって維持費を下げても、冷静になって比較をはじめたお客は流れない可能性がでてきました。

au陣営はボロ負けなので当面無視することにして、対抗勢力は表記が大文字から小文字に変わったdocomo陣営。7月の始め頃には、2008秋に「生活支援型情報配信サービスを907iでI行う」と発表し、これが「個人情報の管理になる」と反発を招いていました。しかし、最終的に「11月から上位機種と普及機種の区分を廃止するので907iは発売されない」という方向に固まったようです。これを信じるなら、11月まで待てば現在の706iの価格で906i相当品が買える可能性を意味します。

個人的に、11月に出る新機種のプロトタイプではないかと見ているのがSH706ie。特徴はカメラ機能の強化。オートフォーカスと手振れ補正搭載。部分的とはいえ906iに負けない性能です。一瞬手がでかかったのですが、「これは11月に出る本命までのつなぎ」と考えて、もう数ヶ月だけ待って見ようかと考えている今日この頃です。

関連ニュース

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0807/03/news034.html
http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=AS1D180EN%2028072008
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/706i/sh706ie/index.html

2008年6月26日 (木)

iPhoneを待ちながら

携帯電話を買い換えようかと思ったらiPhoneの発表。それに呼応してNTTからは端末価格を引き下げる方針の発表。

http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2008/20080623_02/index.html
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200806240071a.nwc

今すぐに買うのは得策ではないと判断。買えなくなってしまいました。(^^;

しばらくは、各社の動向と実売価格などを様子見することにいたします。

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ