2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月23日 (水)

新宿 味仙荘 ランチの焼肉バイキング

久しぶりの味仙荘。消費税が上がってからは初。入り口の案内も1080円に。

店内は満席。これはダメかと思ったら、何故か食事しないのに煙草吸ってた人が席を譲ってくれました。スーツケース持ってて客には見えないのと。他の客が半島方面からの団体さんぽかったので。もしかすると、旅行会社の添乗員あたり?

最初にご飯とわかめスープが運ばれてきて。あとは好きなモノをとるシステム。品数はほぼ変わりないですが、内容的には微妙にダウン? ただ、ホルモンが少々持ち直していたので。今回はホルモン主体にいただき、食後の珈琲も飲み。それなりの満足。

また、半年くらいしたら。来ようかと思います。

http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13025816/

Dsc_0002_r

2014年7月19日 (土)

草津やすらぎの森  道の駅から温泉街 ミニハイキング

草津温泉で有名なハイキングコースは本白根や芳ヶ平。景色も気分も芳ヶ平の湿原が一番だとは思うのですが。実は、それ以外にもハイキングコースはあります。今回は、時間があまりないときに山気分を味わえる3時間コースを試してみました。

スタートは草津温泉道の駅。ここまでは町内循環ワンコインバスで、草津町内のどこから乗っても百円。ベルツ博士のミニ博物館(無料)などもあるので、歩かない人にも悪くない。

ハイキングコースの概略図(小道とかは省略)は道の駅の案内所に言えば無料でもらえます。入り口は、道路から道の駅に向かって右奥。すぐ見える舗装された遊歩道を行くのも手ですが。ハイキング希望者は、湧き水の東屋の手前を左に入るのが正解。

先ほど貰った概略図より、よほど詳しい地図看板が立ってるので、スマフォとかある人は撮影しておきましょう。急坂なのと、足元は柔らかい土と岩の混在なので。わりかしハード。整備された遊歩道を思い浮かべると外します。ちゃんとした靴で行くことを推奨。

クマ注意の看板も有るし。あまり人が来ないルートなので。全て自己責任で。

http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/hiking/index.html

Img_5722 Img_5725 Img_5731 Img_5739

2014年7月 2日 (水)

箱根旧街道(東坂)/須雲川自然探勝歩道

以前から行こうと思っていた箱根旧街道を歩いて来ました。

事前情報を得ようとググったのですが。良さそうな情報も、よく調べると古い。昔のブログが検索の先頭に来てしまってるようで、現在の交通事情と齟齬が有るのに気づきました。

ということで検索キーを追加。「箱根旧街道」に加えて「東坂」と入れるとヒット。これが湯本から芦ノ湖まで。芦ノ湖から三島までは「西坂」が、正解を引き当てるキーでした。

ということで、今回参考にしたのは下記サイトの地図。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-397754.html
「Yahoo!地図」ボタンをクリックすると大きな地図になります。同じサイトに三島からの逆ルートも掲載されており。参考にさせて頂きました。感謝です。

◯東坂(箱根湯本-芦ノ湖)の留意点
半分以上が県道732で、これと並行したり横断する形でハイキングコースが設定されてます。江戸時代の石畳は切れ切れにしか残ってません。車道を延々歩くのは、はっきり行って楽しくありません。なので、一部バスを使ってショートカットするのも有り?

箱根フリーパスを使うと、都内から小田原までの往復と、箱根エリアのバス、ロープウエイ、海賊船等が乗り放題になるし、一部の施設は割引、もしくは無料(強羅花壇)になるので。ショートカットにバスを使わない人にもオススメ。

◯箱根湯本から正眼寺(最初の石畳)
箱根湯本駅を2階から出て、横断陸橋を渡ると「あじさい橋」。突き当りは左でも右でも正解ですが。今回は右を選択。少し歩いて「ほたる公園」の看板があるY字は左に。急な山道を登り、「正眼寺」と「早雲寺」の分岐標識。どちらも正解ですが、今回は「早雲寺」を選択。しかし、これはハズレ。「早雲寺」は工事中でした。ただ、この寺から県道732に抜ける脇に公衆トイレを発見したので。トイレの位置確認が出来たと思っておくことにします。

県道を歩いて左側に「正眼寺」。ここに約10メートルほどの石畳。箱根フリーパスを持ってる人は、ここまで「(旧街道)畑宿経由 元箱根港行」バスで来ちゃうのも有りかな。

◯台の茶屋の石畳(約250メートル)
そのまま車道を歩き続け。バス停「台の茶屋」を抜けた先の右側、民家の脇に小さな坂が有り。下ると目の前が石畳コース。ここの石畳は歩きやすく。小さな橋も有るのでオススメ。

◯延々と車道を歩く(バスでのショートカット推奨)
30分ほど車道を歩き「須雲川」のバス停を過ると左に公衆トイレ。この先に「須雲川自然探勝歩道」の看板が見え。ようやくハイキングらしくなります。

◯須雲川-発電所前
歩きやすい坂道を登ると、丸木橋の分岐に来ます。この丸木橋を紹介するブログが古かったので危惧していたら。やっぱり。増水の危険を理由に通行止めになってました。手書きの注意書きに従い。金網にそって先に進むと吊り橋。渡って右の坂を登ります。

◯発電所前-割石坂-大澤坂
坂を登り切ると県道のバス停「発電所前」。左に進むと右に「割石坂」の看板が見えるはずですが。工事中。工事の人に道を譲ってもらい。坂を登ります。途中、県道に出ますが、「箱根旧街道」の標識があるので、従って大澤坂を抜けるとまた県道。

◯畑宿-一里塚
そのまま県道を歩くと。「本陣跡」のバス停。土産物屋を過ぎ、「畑宿」のバス停。その先の左側に、目立たない感じで「箱根旧街道一里塚」の標識。ここから左の道に進みます。

◯一里塚-七曲り
急坂の石畳を進み。西海子坂の階段を登り。車道に。ここからは蛇行する車道(七曲り)を横切る急な階段が延々と続き、その先が橿木坂。はっきり言って「辛いだけで楽しくない」。バスでショートカットしたい誘惑に負けそうに。(^^;

◯橿木坂-見晴らし茶屋-猿滑坂-追込坂-甘酒茶屋
車道と平行する形で歩き続け。見晴らし茶屋の分岐は無視して進むと猿滑坂。県道に出ると「猿滑り坂」のバス停。横断して階段を登り。県道にそって進み。追い込み坂に。

左下に公衆トイレが見えたら。その先の左側に甘酒茶屋。店の庭に旧街道側から入れます。店の正面側は県道ですが。昔はオモテウラが逆だったのでは。などと想像をめぐらしたり。

当然休憩。甘酒400円。紫蘇ジュースも捨て難ったので。次に行く機会があったら紫蘇ジュースにしようと思いつつ。裏のハイキングコースに戻って先に進みます。

◯甘酒茶屋-元箱根

車道を横切り。於玉坂-白水坂-天ケ石坂と歩き。展望広場分岐を過ぎ。また車道。右に行くとお玉ケ池ですが、今回は直進。再度車道を横切り。権現坂。歩道橋を渡ると分岐。今回は「芦ノ湖畔」を選択。元箱根のバス停に到着。ここからは観光目的で行き先はご自由に。

展望広場からお玉ヶ池に行くルートはこちら

◯総括
車道ばっかりだったので「一度行けばいいや。再度行くならバスでショートカットか逆回り」

Img_5270 Img_5297 Img_5316 Img_5330

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ