2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

カンピオーネ! 16 英雄たちの鼓動 丈月城著

未収録作品に書き下ろしを加えた短篇集。

読み始めて既視感。それもそのはず、ネットやDVDで発表済みの作品がメイン。ただし、そのままではなく、ページ数の関係で縮めた作品はオリジナルサイズで復活だそうです。

時系列順なので、カンピオーネになった直後から始まり。最後の書き下ろしで前巻のラスト直後のエピソード。最終決戦を予感させ次に繋ぐ構成。敵味方とも集合して決戦に臨む情況は、特撮番組を思い出させますが。はたして「再生怪人は弱い」の法則まで適応されるのか?

スミスは来そうですが、侯爵は参戦するのか? いろいろ期待しつつ次巻。


カンピオーネ! 16 英雄たちの鼓動 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫 た 9-16)

2014年2月24日 (月)

Tutuji cafe 松庵文庫 西荻窪 昭和テイスト住宅カフェ

元は音楽家夫妻が住んでいたという住宅を改装した、昭和レトロなカフェ。味のある外観と外から見えるグッズ(入り口の横に小物類の販売スペースが有る)に惹かれて入店。

入ってすぐの玄関で靴を脱ぎます。最初は靴をぬぐのが面倒と思ったのですが。元は普通の日本家屋だった。と知ると。靴をぬぐのは当たり前。と、納得。部屋の真ん中には、最近では珍しくなった石油ストーブ。その周辺にゆったりしたソファが置かれ、庭を臨むレイアウト。

食事も可能ですが、今回はお茶にします。カプチーノを頼んだら、ラテアートが施されて出てきました。450円。店名どおり、読書スペースと位置づけられており、騒がしいお子様はオミット。という、経営方針が気に入りました。ここは再訪したいと思います。

http://shouanbunko.com/

Dsc_0001_r

2014年2月 4日 (火)

くまみこ 1 吉元ますめ著

kindleで配信予約して忘れていたのが、ようやくダウンロードされ読了。

アイヌ風の衣装を着た巫女と神様として祀られるヒグマの話。この設定だと北海道。と、思うのが普通ですが。何故か舞台は東北の寒村。女子中学生でもある巫女・まちの同級生が居ない。同学年ひとりという限界集落。でも、お父さんポジションの熊に守られ平和。

僻地に加えて機械に弱い、かまどでご飯炊いてる巫女。都会へのあこがれで村から出ようとするのを止める熊。その方法が、都会の常識クイズ。正解すれば街に出て良い。と言われて挑むのは、Suica、ユニクロ、丸井など。各企業名と商品名は実名登場。

基本は、ほのぼの系ギャグですが、熊が祀られる経緯になった昔話は、遠野の「おしらさま」と同じテイストの獣姦物のエロス。と、妙に生臭い面も含むので侮れません。

というわけで、次巻を待つことにします。


くまみこ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

2014年2月 3日 (月)

高円寺 成都 リニューアルオープン ランチのプチバイキング 500円~

工事中だった高円寺の中華料理店・成都が、ようやくリニューアルオープン。

建物ごと新築になったので、昔の面影は全くありません。今回の店内はカフェバー風。BGMも洋楽。ランチのシステムも変わり、プチバイキングに変更。ランチメニューは500円~。メイン料理をひとつ選ぶと、ブッフェ台のご飯、スープ、料理(今回は豚足、もやしの和物、ザーサイ、フライポテト)、デザート(杏仁豆腐)が食べ放題。飲み物は水だけ。

フルバイキング時代のファンには残念かもしれませんが。最低価格が下がったのと、メイン料理が温かい状態で食べられるのはメリット。昔のようにリピートしたいと思います。

http://r.gnavi.co.jp/8pkebct30000/

Dsc_0001_r

アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン 03 川原礫/笹倉綾人著

本編から黒雪姫もゲストとして登場する第3巻。

巨大亀ショップで買ったのはアリスの服。レベルアップを繰り返しとうとうレベル4に。アバターや仲間から勇気を貰ったことで、リアルでも強さを見せるようになるリーリャ。ついにレギオン立ち上げの条件が揃い。挑むのは池袋ダンジョン。

五点接地。柔道の受身ほど簡単じゃないのに初回で成功したのはアバターの性能? いじめっ娘や敵役が改心して仲間になるのは定番ですが。いじめっ娘になった経緯が、有力企業と縁を結びたい親からのプレッシャー。と、ちょっぴり同情させる説明も入れ次回に。


アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン 03 (電撃コミックス)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ