« サラカエル 六道神士著 3(完結) | トップページ | とある科学の超電磁砲S #24 Eternal Party »

2013年9月28日 (土)

たぶん惑星 粟岳高弘著 1巻

偶然発見された超空間トンネルは別の惑星につながっていた。原理がわからないまま、それを使って入植を始める日米ソ。今とは別の歴史を歩んでいる昭和の少女たちの話。

作者の定番、スク水と腰ミノの少女が全開ですが。現地の知的生命体とのコミュニケーション上必要。16世紀に南方経由で移民していた日本人の子孫の風習。などの理由付けがされてます。異世界なんだけど、昭和の郷愁も感じさせる不思議なテイスト。

トンネルを作った超文明。米国とソ連の植民地。などの登場も期待しつつ。次巻を待ちます。


たぶん惑星(1) (REXコミックス)

« サラカエル 六道神士著 3(完結) | トップページ | とある科学の超電磁砲S #24 Eternal Party »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たぶん惑星 粟岳高弘著 1巻:

« サラカエル 六道神士著 3(完結) | トップページ | とある科学の超電磁砲S #24 Eternal Party »

FlepTwitter

無料ブログはココログ