« ガッチャマン クラウズ #5 Collaboration | トップページ | <物語>シリーズ セカンドシーズン 総集編1 第禁話 つばさファミリー »

2013年8月10日 (土)

紅殻のパンドラ 2 六道神士/士郎正宗著

攻殻機動隊より前の時代。義体などの技術が開発途上の世界を描いたスピンオフ。

テロにより暴走したブエルを止めるため特攻したネネとクラリオン。支援に投入されたのはゲルツェコマの集団。タチコマの原型っぽいですが小型。システム停止と再起動に成功したものの、崩落が始まり。エレベーターの定員オーバーで残ったウザル・デリラ死亡?

屋敷に到着。義体化してないはずなのに見た目幼女な崑崙八仙拓美の家に身を寄せる事になったネネとクラリオン。ウザルの葬式が行われますが。どうせ身を隠しただけで、死んでない。と思ってる一同は欠席。明るい家庭内電子合戦を繰り広げ。ネネの才能が明らかに。

そんな中、動き出した怪しい影。大佐と呼ばれる男が事件の黒幕?

それはさておき。堕天使ブエル、ソロモン72柱の一つ。50の軍団を率いる地獄の総裁。から名付けたのだろうに。本体がドーナッツ屋のライオンにしか見えません。なんか甘そう。 (^^;


紅殻のパンドラ (2) (カドカワコミックス・エース)

« ガッチャマン クラウズ #5 Collaboration | トップページ | <物語>シリーズ セカンドシーズン 総集編1 第禁話 つばさファミリー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅殻のパンドラ 2 六道神士/士郎正宗著:

« ガッチャマン クラウズ #5 Collaboration | トップページ | <物語>シリーズ セカンドシーズン 総集編1 第禁話 つばさファミリー »

FlepTwitter

無料ブログはココログ