« ゆるゆり 1話 帰って来た主人公 | トップページ | 輻輳のマーグメルド 左菱虚秋著 1巻 »

2012年7月 4日 (水)

直火式エスプレッソ・メーカーを使ってみた

先日、御殿場のアウトレットに行った際。電気式の本格派エスプレッソメーカーを見て、欲しくなったのですが。ウチの台所には大き過ぎ。諦めて別の店に行ったら、昔ながらの直火式エスプレッソポットを発見。お値段も手頃なので購入。

というわけで、試行錯誤した使い方をまとめます。

1.分解すると下から。ボイラーと呼ばれる水缶。コーヒーバスケット(フィルタ)。サーバー(できたコーヒーが貯まる場所)に分かれます。もっと大きい製品には半分だけコーヒーを作る際の減量フィルターがあるようですが。これは一人用なので省略。

2.まず。ボイラーに水を8分目くらい入れます。

3.コーヒーバスケット(フィルタ)を挿し。エスプレッソ用の粉を擦切りくらいに入れます。だいたい大さじ2杯くらいです。粉は、今回は輸入食料品店(kaldi)で買ったきたエスプレッソ用パックを使用してます。

4.上からサーバー部をねじ込みます。この際にしっかり止めないと、コーヒーが吹きこぼれるので。ねじ切らない程度にしっかり止めます。

5.ガスレンジに乗せ、弱火で2分くらい。蒸気が上がる音がしてコーヒーの香りがしたら。15秒くらい待ってから火を止め。更に10秒くらいおいてからカップに注ぎます。

小さ過ぎてレンジの五徳部分にひっかからず困ったのですが。丁度、金具(バナーキャップ)に乗っかるサイズだったので。金具の上に置きました。家族や来客用、五徳における使い勝手を考えると。もう少し大きめのサイズにしたほうが良かったかも。

P10406420004 P10406460003 P10406480002 P10406490001

エスプレッソ・メーカー

« ゆるゆり 1話 帰って来た主人公 | トップページ | 輻輳のマーグメルド 左菱虚秋著 1巻 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直火式エスプレッソ・メーカーを使ってみた:

« ゆるゆり 1話 帰って来た主人公 | トップページ | 輻輳のマーグメルド 左菱虚秋著 1巻 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ