« C3 -シーキューブ- 第十一章 狂信者は何処かにいる (Mother's warm hospitality, and the lovely crash) | トップページ | 坂の上の雲 第十一回 二〇三高地 »

2011年12月11日 (日)

京騒戯画

オシャレなアニメを目指した実験作? それとも長編のパイロット?

前置き無しで戦闘シーンからスタート。部分的に京都だけど、かなり電脳世界っぽい街並み。話の流れから推測すると。人と妖怪が共存していて、始まりの一人コトによって創造された世界。ここに別世界(リアル?)から迷い込んだ娘のコトが主人公。

ストーリーに関しては「よくわかんねえけど」。が総てを語ってますが。

バンダイ、ニコニコなどでネット配信。続きはあるのでしょうか?

http://www.kyousogiga.com/

01_3 03_2 04_2 05

京騒戯画

« C3 -シーキューブ- 第十一章 狂信者は何処かにいる (Mother's warm hospitality, and the lovely crash) | トップページ | 坂の上の雲 第十一回 二〇三高地 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京騒戯画:

« C3 -シーキューブ- 第十一章 狂信者は何処かにいる (Mother's warm hospitality, and the lovely crash) | トップページ | 坂の上の雲 第十一回 二〇三高地 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ