« Fate/Zero 第十三話 禁断の狂宴 | トップページ | 坂の上の雲 第十三回 日本海海戦 »

2011年12月25日 (日)

大砲とスタンプ 速水螺旋人著 1巻

軍の補給担当、兵站部を舞台にしたボンクラ兵隊ギャグマンガ。

ヒロイン・マルチナ少尉の所属する大公国は、帝国軍と同盟を結び共和国と戦争中。大公国は、ソ連と旧帝国時代のロシアが微妙に混じった文化の国。対する共和国はどう見てもトルコ。大公国の由来はキエフルーシやモスクワ公国あたりでしょうか。

世界史や戦争史が好きな人にはツボな設定がてんこ盛り。登場人物も、当初は書類人間マルチナの独壇場でしたが。昼行灯に見えた大尉に意外な面があったり。古参の曹長と、お色気要員のアーネチカ兵長もいい味出してます。

登場する兵器が、「僕の考えた最強夢の兵器」的で細かいスペック解説付き。ソ連時代の兵器を好き放題にゴちゃつかせたデザインで、失敗兵器感が漂うのも微笑ましい。

続きが待ち遠しいマンガの一つです。


大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)

« Fate/Zero 第十三話 禁断の狂宴 | トップページ | 坂の上の雲 第十三回 日本海海戦 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大砲とスタンプ 速水螺旋人著 1巻:

« Fate/Zero 第十三話 禁断の狂宴 | トップページ | 坂の上の雲 第十三回 日本海海戦 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ