2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« へうげもの 第31話 無口で御・免 | トップページ | ギルティクラウン phase 06 檻 leukocytes »

2011年11月18日 (金)

UN-GO 第6話 あまりにも簡単な暗号

推理モノとしては問題ありすぎと思いつつ見てきた本作。

簡単過ぎる暗号と、わかりやすい犯人と真実。都合よく誘導されて、危うく殺人の片棒担ぎ。「名探偵」は皮肉であると同時に、小説に出てくる名探偵の揶揄。確かに、探偵がいるから犯罪が起きるという逆説みたいな話もありました。

もしかして、推理物のふりをした別ジャンルの作品だったんでしょか?

01 02 04 03

明治開化 安吾捕物帖 (角川文庫)

« へうげもの 第31話 無口で御・免 | トップページ | ギルティクラウン phase 06 檻 leukocytes »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/43050983

この記事へのトラックバック一覧です: UN-GO 第6話 あまりにも簡単な暗号:

» ◎UN-GO第6話「あまりにも簡単な暗号」 [ぺろぺろキャンディー]
社会復帰更正センター。刑務所らしい。ヤジマさんが出所してくる。依頼にきた。所内で、男にリンロクの本を貰う。中から、暗号の書いた紙がでてきた。ヤジマの原稿用紙だったので、... [続きを読む]

« へうげもの 第31話 無口で御・免 | トップページ | ギルティクラウン phase 06 檻 leukocytes »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ