« TIGER&BUNNY #24 Nothing ventured, nothing gained. (虎穴に入らずんば虎子を得ず) | トップページ | 神様ドォルズ 第十一話 囚われの日々乃 »

2011年9月14日 (水)

ゆるゆり 第11話 わたしたちのごらく部

幼い頃の写真。悪ガキって、どう見てもちなつ。でも、気付いたのはあかりだけ。

京子。「残念に育った」と言われてキャラを変る演技かと思ったら。ほんとに別人。「誰、この人」。階段から落ちて頭を打って性格反転。ベタ過ぎです。まともになったので、このままでもいいかと思ったが。融通が効かないのは困り者。

オチは予想どうりですが。結果的に傍若無人を肯定する形。

03 05 07 09

ゆるゆり B2タペストリー ブロッコリー(予約:11年11月11日発売予定)【楽ギフ_包装選択】【YDKG-u】

« TIGER&BUNNY #24 Nothing ventured, nothing gained. (虎穴に入らずんば虎子を得ず) | トップページ | 神様ドォルズ 第十一話 囚われの日々乃 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆり 第11話 わたしたちのごらく部:

» ◎ゆるゆり第11話「わたしたちのごらく部」 [ぺろぺろキャンディー]
子供の頃、キョウコさんがこける。メソメソしないと、アッカリンが励ます。舐めれば治るといってユイさんが手を舐める。子供のときの写真を見てた。三人で遊んでたら、チナツがから... [続きを読む]

« TIGER&BUNNY #24 Nothing ventured, nothing gained. (虎穴に入らずんば虎子を得ず) | トップページ | 神様ドォルズ 第十一話 囚われの日々乃 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ