« 中野 ufotable cafe で BRS コースターをゲット | トップページ | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 松沢まり著 1巻 »

2011年8月14日 (日)

この世を花にするために 松本ドリル研究所 著 1巻

ロボットで怪獣と戦う話。作者から予想できる通り、エロエロでお馬鹿ギャグが基本展開。でも、下半身見せてもすっぽんぽんでも、心情的には淡い純愛(今のところは)。

伝説の桜の下で幼なじみの少女と運命的な別れ。同じ木の下で出会ったもう一人のヒロインは。初登場シーンがお花摘み。まだ出してる途中だったので主人公に丸見え。この状況で唇まで奪われたのに。好感度フラグが立つって、何故ですか? (^^;

再会時はすっぽんぽん。フルチンなのに好感度が下がらない。お姉さんと幼女のすっぽんぽんが色を添える。というか、半分くらいはすっぽんぽんな展開なので、ストーリーがあまり進みません。ようやく怪獣と対決というところで1巻終了。

次巻予告が来年3月。このペースだと話が進むのは何年後?

この世を花にするために 1巻 (ニチブンコミックス SH comics) この世を花にするために 1巻 (ニチブンコミックス SH comics)

著者:松本ドリル研究所
販売元:日本文芸社
発売日:2011/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 中野 ufotable cafe で BRS コースターをゲット | トップページ | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 松沢まり著 1巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この世を花にするために 松本ドリル研究所 著 1巻:

« 中野 ufotable cafe で BRS コースターをゲット | トップページ | 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 松沢まり著 1巻 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ