« いつか天魔の黒ウサギ 第3話 《月》が揺れるプールサイド | トップページ | 輪るピングドラム 3RD STATION そして華麗に私を食べて… »

2011年7月23日 (土)

ダンタリアンの書架 第二話 胎児の書

OPの歌が結構好み。これはサウンドトラックが出たら欲しいところ。

辺鄙な場所に立つ時計塔のある館。50年の間に100人も変死。犯人は幻書と語る従兄弟。こいつが怪しいと思ったら、あっさり襲われて退場。となれば消去法で女主人が容疑者に浮上。幼児体型だけでなく、態度や言動まで幼児退行。

悲劇的で退廃的で、ちょいと好みのエピソードでした。

01_3 03_2 05_2 06

TVアニメ「ダンタリアンの書架」主題歌「yes, prisoner」/「Cras numquam scire」

« いつか天魔の黒ウサギ 第3話 《月》が揺れるプールサイド | トップページ | 輪るピングドラム 3RD STATION そして華麗に私を食べて… »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンタリアンの書架 第二話 胎児の書:

» ◎ダンタリアンの書架第二話「胎児の書」 [ぺろぺろキャンディー]
ヒューイとダリアンがお嬢さんの家に呼ばれる。小切手を送られたのでやってきた。そして書斎をみせてもらうことに。ミスリルバーン。ダリアンにどう思うときくと、幼児体系なのです... [続きを読む]

« いつか天魔の黒ウサギ 第3話 《月》が揺れるプールサイド | トップページ | 輪るピングドラム 3RD STATION そして華麗に私を食べて… »

FlepTwitter

無料ブログはココログ