« 星空へ架かる橋 第6話 桶が落ちるとき | トップページ | へうげもの 第7話 mt.(マウント)富士スカイライン »

2011年5月19日 (木)

いなり、こんこん、恋いろは。 吉田もろへ著 2巻

前巻ラストで正体バレた。と思ったら。男子学生に顕現していた、うか様の兄・大年神。重度のシスコン。というより、美女なら無差別に手を出し、妹まで狙う。という見境のない遊び人。うか様が高天原を敬遠する理由の一つ。

当初から、かみちゅ!に近いテイストがあると思っていたら、今回の展開はますます、かみちゅ!。うか様のセリフがおねてぃですが。これは、うか様が二次元中毒なので許容範囲。明かされた女神のニート化理由と、いなりの兄が知ることになる衰弱進行。

神通力を返してお別れだと魔法少女物としてありがち。いなりの兄との仲が接近し、兄にはみえるけど、いなりには見えなくなるラストだとCCさくら的。どちらにしろ着地点は見えてきたので、次くらいが最終巻の予感。

二人とも幸せになる展開だといいな。と願いつつ次巻を待ちます。

いなり、こんこん、恋いろは。 (2) (角川コミックス・エース 326-2)

かみちゅ! 1 (電撃コミックス)

関連記事
いなり、こんこん、恋いろは。 吉田もろへ著 1巻

« 星空へ架かる橋 第6話 桶が落ちるとき | トップページ | へうげもの 第7話 mt.(マウント)富士スカイライン »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いなり、こんこん、恋いろは。 吉田もろへ著 2巻:

« 星空へ架かる橋 第6話 桶が落ちるとき | トップページ | へうげもの 第7話 mt.(マウント)富士スカイライン »

FlepTwitter

無料ブログはココログ