« 探偵綺譚 石黒正数著 | トップページ | フラクタル EPISODE 05 旅路 »

2011年2月17日 (木)

東京駒込 六義園

六義園は江戸時代に作られた庭園のひとつ。維新で荒廃したところを岩崎弥太郎が手を加え、現在は都の管理する公園となっています。見学には入園料が必要で大人300円。最寄り駅はJR駒込か東京メトロ南北線駒込。メトロのほうが若干近いです。

園内には茶屋と売店があります。どちらでも休憩が可能ですが、オススメは吹上茶屋のほう。和式の部屋に加えて、外には緋毛氈の縁台と野点傘が用意されてます。本日は甘酒を注文200円。寒かったので温まりました。

中は結構広いです。池の周囲は外の音もあまり入ってこないので気分的にも落ち着きます。外周の道はすぐ外に学校や道路があって騒音が聞こえてしまうのでイマイチ。

しだれ桜の時期に、また訪れたい場所です。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

Dvc00058 Dvc00068 Dvc00083 Dvc00101

東京時代MAP―大江戸編 (Time trip map-現代地図と歴史地図を重ねた新発想の地図-)

« 探偵綺譚 石黒正数著 | トップページ | フラクタル EPISODE 05 旅路 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京駒込 六義園:

« 探偵綺譚 石黒正数著 | トップページ | フラクタル EPISODE 05 旅路 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ