2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« パソコンをセーフモードで起動して、削除できないソフトを削除する。Avasta! Free Antivirusの場合 | トップページ | Windowsの常駐ソフトを減らして速度を向上させる »

2010年4月15日 (木)

簡単な編集機能も備え動画や音声にも対応する汎用性の高い軽量画像ビューワー IrfanView

前世紀に愛用されていた懐かしの画像表示ツール。今頃紹介する理由は、「軽い」、「VistaやWindows7でも動く」「ハイビジョン録画した画面をキャプチャした際に縮小に使える」、「バージョンアップとプラグインの追加で、対応フォーマットが増えている」です。今回は、例として、TVTest(PT2等)で録画した画像をブログ用に加工してみます。

http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/picviewer/irfanviewjp.html

上記からIrfanView日本語版の本体を入手します。

http://www.irfanview.com/

続いて上記URLからプラグインを入手。2つを実行するとインストールが完了します。

注.Windows7で使うとき
Windows7で使う場合は、インストール時にコツがいります。日本語版本体とプラグインの両方とも、実行する前に、右クリックして「プロパティ」-「互換性」で、「互換モードでこのプログラムを実行」と「管理者としてこのプログラムを実行」にチェックを入れておきます。これで本体とプラグインを実行すれば、Windows7でも使えるようになります。

インストールが終わったら実行します。下記に使用例の一部を紹介します。

TVTestを例にとった画面キャプチャの縮小

TVTestで画像表示中に右クリックして「画像のコピー」をクリックするとクリップボードに画像が格納されます。IrfanViewを起動し、「編集」-「選択範囲へ貼り付け」で画像が取り込まれます。「画像」-「リサイズ/リサンプル」を選択。「元画像との比率で指定」にチェックを入れ、縮小率を%で指定したら、「OK」で縮小が行われます。保存する場合は「ファイル」-「名前をつけて保存」です。デフォルトはドキュメントフォルダにBMP形式で保存されるので、任意にJPEGや保存先を指定してください。

○画像の一部を切り出して使う

表示された画像の一部をマウスで範囲指定して、「編集」-「選択範囲を切り出す」で、指定した範囲だけの画像を扱えるようになります。この際に「選択範囲を切り取る」だと元の画像の指定部分が切り抜かれるので、「切り出す」のほうがオススメです。

音声や一部の動画も含めた多数のフォーマットに対応します。プラグインを追加したことでニコニコで入手したFLVやMPEGなどの大半が再生可能になっています。今世紀も現役で使える、汎用性の高いマルチメディアツールだと思います。

1 2 34_2  

« パソコンをセーフモードで起動して、削除できないソフトを削除する。Avasta! Free Antivirusの場合 | トップページ | Windowsの常駐ソフトを減らして速度を向上させる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/34240122

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単な編集機能も備え動画や音声にも対応する汎用性の高い軽量画像ビューワー IrfanView:

« パソコンをセーフモードで起動して、削除できないソフトを削除する。Avasta! Free Antivirusの場合 | トップページ | Windowsの常駐ソフトを減らして速度を向上させる »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ