« docomoのままずるずる | トップページ | マクドナルドのBig America(TEXAS発、CALIFORNIA行き) »

2010年3月16日 (火)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第十一話 来訪者・燃ユル雪原

敵兵を確保して治療するところまでは良いのですが、ただちに連絡しないのは不自然。後方に敵主力が居ると考えるべきなので、一秒の遅れも致命的。平和ボケした現代人ならともかく数年前まで戦争していたので、今回ばかりは納得できない采配です。

と思っていたら敵接近。ローマなのにドイツ語なのは、自称第xx帝国のたぐいですね。敵兵にも知られていたノエルの名前。天才少女が田舎暮らしは変だと思ってましたが、戦車の復元だけでなく、リハビリもかねて田舎に送られてきたと推測できます。

天使の解釈が敵側と違います。修復されたばかりのタケミカヅチ単独では荷が重いので、「腐ってやがるまだ早すぎたんだ」的な復活になるのか、それとも復活前に阻止されるのか。いろいろ納得行かない点もありますが、とりあえず次回を待ちます。

Image2 Image3 Image4 Image5

Image6 Image7 Image10 Image11

« docomoのままずるずる | トップページ | マクドナルドのBig America(TEXAS発、CALIFORNIA行き) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第十一話 来訪者・燃ユル雪原:

« docomoのままずるずる | トップページ | マクドナルドのBig America(TEXAS発、CALIFORNIA行き) »

FlepTwitter

無料ブログはココログ