2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« 池袋の物産展ハシゴと、最近の……はという話 | トップページ | テガミバチ #15 愛の逃避行 »

2010年1月16日 (土)

キディ・ガーランド #14 出逢いの刻

久しぶりに本編の話が面白かったので、久しぶりに感想も。

以前ディアと同い年と言ったのは真実。合法ロリとは逆だったク・フィーユ。アスクールの出自も今回がはじめてかも。ホットドック屋の親父、車の保障とかないんでしょうね。こういう国家は、頭をつぶしても別の頭が台頭するだけなので、住民の将来が不安です。

二人が共鳴してパートナーになった思い出と、それに伴って失われていた記憶が戻るエピソード。昔のSFを読んでいたときのテイストを感じました。

1_2 2_2 3 4

« 池袋の物産展ハシゴと、最近の……はという話 | トップページ | テガミバチ #15 愛の逃避行 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/33008200

この記事へのトラックバック一覧です: キディ・ガーランド #14 出逢いの刻:

» ◎キディ・ガーランド#14出逢いの刻 [ぺろぺろキャンディー]
アスクールとクフィーユが話してると、アリサに呼ばれる。そして、ミルクティーについて聞かれる。クフィーユにもわからなかった。クフィーユは覚えていたはずなのに忘れてしまっていた。そして、入浴シーンになる。アスクールがクフィーユにそれ以上ムネが大きくなってど...... [続きを読む]

« 池袋の物産展ハシゴと、最近の……はという話 | トップページ | テガミバチ #15 愛の逃避行 »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ