« 坂の上の雲 第四回 日進開戦 | トップページ | ゆのかにベルスターズ♪ 感想 »

2009年12月21日 (月)

しろくまベルスターズ♪ 感想

PULLTOPの今期新作。予約買いして後悔しなかったゲームは久しぶりです。前作が傑作だったので期待してはいたのですが、設定を知ったときや、体験版のプレイ時には若干の不安も持ちました。だって、今時サンタクロースとトナカイが主人公ですよ。

クリスマス・イブにプレゼントを届けるためだけに存在する国際組織なんて非現実的にもほどがある。と思ってしまったわけですが、実はこれこそが必要な仕掛けだったわけです。リアルだと嘘臭く思えてしまう底抜けの善意と愛と夢と希望。これを臆面も無くストレートに描くためには、自らを「御伽噺の世界の住人」と言い切ってしまう人たちと、それを取り巻く世界観が不可欠だったわけです。

というわけで、この作品は臆面も無く真正面から御伽噺です。設定には結構SFぽい部分もあるし、活動の場は原発や再開発に揺れる現代の街ですが。

http://www.pulltop.com/main/index.html

ゆのかにベルスターズ♪ 感想に続きます

1 2 3 4

« 坂の上の雲 第四回 日進開戦 | トップページ | ゆのかにベルスターズ♪ 感想 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しろくまベルスターズ♪ 感想:

« 坂の上の雲 第四回 日進開戦 | トップページ | ゆのかにベルスターズ♪ 感想 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ