2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« 天体戦士サンレッド FIGHT.36 | トップページ | ヘタリア 46 »

2009年12月 7日 (月)

荻窪フュッセンとドイツ・オーベル社製のシュトーレン

12月5日になったら、あちこちのケーキ屋とベーカリーにシュトーレンが並ぶようになりました。ちょっと前まではブッシュドノエルやデコレーションケーキのほうが目立っていて、シュトーレンを探すのは大変だった記憶があるのですが。不思議です。

日持ちが良いので在庫管理しやすい面が評価されたのかとも思えますが、真相はわかりません。理由はともあれ、ドイツ料理とドイツ菓子の好きな私としては喜ばしいことなので、このまま日本のクリスマスに根付いてほしいものです。

というわけで、今年は2種類買ってみることにしました。ひとつは荻窪にある洋菓子店FUSSEN(フュッセン)。もうひとつは輸入食品店KALDI(カルディ)の店先に積まれていたドイツのOEBEL(オーベル)社製クランベリーシュトーレン。FUSSENのほうは味見が目的なのでカットしたものを。OEBELのほうは年末の常備食用なので500gサイズにします。

FUSSENのシュトーレンはクセがなく、ドライフルーツがたくさん入っているので、フルーツケーキを食べてるような感じがします。ドイツ製シュトーレンは最近のクリスマスの個人的定番です。食べ慣れない人にはちょっとクセがあるかもしれませんが、熟成させて食べるため長期間保存できるようになっていることと、何より安いので重宝してます。

シュトーレンが始めてという人には、吉祥寺のベッカライカフェ・リンデもオススメします。普通のケーキ屋には1種類ないし2種類のシュトーレンしか置いてないのですが、リンデにはいろんな種類のシュトーレンが置かれていて、いろいろ勉強になるからです。

FUSSEN
http://www.rakuten.co.jp/fussen/

KALDI
http://www.kaldi.co.jp/top.html

ベッカライカフェ・リンデ
http://www.lindtraud.com/

Dvc00114

« 天体戦士サンレッド FIGHT.36 | トップページ | ヘタリア 46 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/32517313

この記事へのトラックバック一覧です: 荻窪フュッセンとドイツ・オーベル社製のシュトーレン:

« 天体戦士サンレッド FIGHT.36 | トップページ | ヘタリア 46 »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ