2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« はじめてのPT2 トラブル対処その3 | トップページ | ヘタリア 41 環境によっては観られないかもな過渡期問題 »

2009年11月 2日 (月)

Windows7本来の機能でクイック起動を代用する

VistaからWindows7に移行するとクイック起動が消えてしまい不便を感じます。そこで、前回は強制的にクイック起動を復活させましたが、これはWindows7本来のインターフェイスではありません。Windows7を使いこなすためには、Windows7本来のインターフォイスに慣れたほうが良い。というわけで、本来の機能範囲で同等の使い勝手を回復するのが今回のテーマです。

まず、画面下のタスクバーに注目します。Windows7の初心者用説明の多くが「タスクバーにジョブを登録できるので、クイック起動が消えても問題ない(要約)」と解説されています。しかし、タスクバーの面積は限られているので、ここに使いそうなジョブを大量に登録すると、実行中のジョブと区別がつきにくいという難点があります。

そこで注目したいのは、デフォルトでタスクバー左に表示されているフォルダです。VistaやXPの時代には控えめだった「よく使うファイル一覧」が、Windows7ではタスクバーに常駐しています。これを活用して、クィック起動の代用にします。

手順は。「よく使うジョブのショートカットを作る」-「任意のフォルダにショートカットをドロップ」-「そのフォルダを、よく使うフォルダとして登録してしまう」です。

今回は前に使ったQuick Lunchフォルダをそのまま使いましたが、初期状態から完全インストールしたWindows7でやる場合は、任意にフォルダを作っても同じことが可能です。毎日使うジョブはタスクバーに登録しておき、たまに使うジョブは「よく使うファイル一覧」にまとめる。という優先順位による登録分けがオススメです。

なお、プログラムをタスクバーに登録する方法は、「プログラムを右クリック」-「タスクバーに表示する」ですが。ショートカットのドロップでも可能です。消す場合は、タスクバーの該当のアイコンを右クリックし、「タスクバーにこのプログラムを表示しない」です。

「よく使うファイル一覧」は、使った直後のファイルが自動的に表示され、他のファィルの使用頻度が上がると古い情報は消えていく仕様です。使用頻度が高いものを強制的に表示させたいときは、一覧のフォルダにファイルやフォルダをドロップしてやります。常時表示させたい場合は、マウスドラッグで「いつも表示」側に移動させます。常時表示を取り消す場合は、右クリックして、「いつも表示するものから外す」。完全に一覧から消したいときは、右クリックして「この一覧から削除」です。

以上を組み合わせることで、すっきりした環境が作成可能になります。この方法はジョブだけでなくファイルも一元管理できるので、よく聞くBGMなどの整理にも向いています。自分の使い方に合わせて、いろいろ調整するのがよいでしょう。

Image2_3 2_2

« はじめてのPT2 トラブル対処その3 | トップページ | ヘタリア 41 環境によっては観られないかもな過渡期問題 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/32033347

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7本来の機能でクイック起動を代用する:

« はじめてのPT2 トラブル対処その3 | トップページ | ヘタリア 41 環境によっては観られないかもな過渡期問題 »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ