2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« よくわかる現代魔法 第6話 ghostscript | トップページ | ヘタリア 30 »

2009年8月18日 (火)

Amazonなどの通販サイトで閲覧や買い物に失敗したとき

修理の際にパソコンが初期化されてしまったので、ソフトの再インストールや再設定をしています。その過程で、以前自分で解決したはずなのに、方法を忘れてしまった問題が再度発生。また忘れるといけないので、ここに書いておくことにします。

問題が発生したのはAmazonです。ログインして、おすすめ商品を見ていると、次のページに移動しようとした際に、再度ユーザー認証を要求されます。思い起こすと、昔、通販関係のサイトで似たような問題が起きたような記憶があるような無いような。当時の解決方法を思い出そうとしましたが、鳥頭なので無理でした。(^^;

しかたがないので、初心に帰って状況を分析します。ページを移動するとログインしてないことになる。つまり、これはページごとに別プロセスになっていて、それまでの情報の受け渡しに失敗している。ということでは。と推理しました。

ページ間の情報受け渡しを許可すればよいわけなので、疑わしい項目を探します。まず、メニューの「ツール」-「インターネットオプション」-「セキュリティ」-「レベルのカスタマイズ」を順に選びます。この画面の「ドメイン間のデータソースのアクセス」が無効になっていたのが怪しいので、これを有効にします。これで解決すると思われますが、念のため下記の点も開放しておきます。

まず「Javaアプレットのスクリプト」を有効にします。他にも、無効になっていて使いそうな機能があったら全て有効にします。有効か無効か自分で判断できない項目は「ダイアログ表示する」に変更します。これで、対応するサイトではダイアログが表示され、だんまりで止まることはなくなるので、もし問題が発生しても原因究明できます。

終わったら「セキュリティ」設定画面から「プライバシー」の設定に移り。縦のスライダーを見て「中高」とか「高」になっていたら「中」にします。セキュリティが強過ぎると使えないサイトが多いためです。また、この画面下にある「ポップアップブロックを有効にする」のチェックも外します。これが有効だと別窓で入力や確認のあるサイトは使えなくなるためです。続いて、このページの「詳細設定」を選び、「自動Cookie処理を上書きする」と「常にセッションCookieを許可する」にチェックを入れます。

以上で、Amazonだけでなく大半の通販サイトが使えるようになると思います。

1 2 3 4

« よくわかる現代魔法 第6話 ghostscript | トップページ | ヘタリア 30 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/31011088

この記事へのトラックバック一覧です: Amazonなどの通販サイトで閲覧や買い物に失敗したとき:

« よくわかる現代魔法 第6話 ghostscript | トップページ | ヘタリア 30 »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ