« 吉祥寺 タイ料理 あろいな ランチバイキング | トップページ | マリー&ガリー 03 愛とリンゴの万有魅力 »

2009年4月15日 (水)

FFXI 石の見る夢 天よ聴け 魂の返歌/天輪の場 勝利への道

追加シナリオ「石の見る夢」の最終BC戦にようやく勝利、報酬のロイヤルルダンゴトを貰ってクリアしました。ストーリーには疑問が残るし、特にラストは納得いかない点もあるので、楽しいというより報酬目当ての苦行に近かった気もするミッションでした。(^^;

それはさておき、最終構成は「召召コ赤白ナ」で、削り役は召ふたりとコルセア。終わってみると、回復強化役に詩人ではなくコルセアを選択したリーダーに感謝したいと思います。自分も詩人を持っているので実感したのですが、攻撃と強化回復を兼用できるコルセアが本領を発揮したステージだったと思います。

4敗1勝の経験から感想を述べると「メリポ構成のPTは負ける可能性が高い」と断言してよいと思います。というより、普通の前衛3・後衛3構成にすると、ほぼ確実に負けるようなモンスターを設計したのではないかと推察します。

では、どういう構成なら勝てるかというと、PT構成は「速攻型」と、制限時間いっぱいを使って削る「じわじわ型」の2種類が考えられます。速攻型は、モンクと侍を主体に開幕からアビ全開で電撃戦を狙う「モモ侍」。じわじわ型は、ナ/暗を盾に、召還とコルセア、狩人などを削り役とし、赤/暗、白/暗を後衛に据えた「召喚&遠隔&スタン」です。

どちらのタイプを選ぶかは、自分自身がどちらのジョブが得意かで決まると思います。ただ、明らかにジョブと構成が限定されるBCなので、該当ジョブの無い人は、高い薬を大量に使ったドーピングを前提にしても、かなり苦労する気がします。

戦闘経験から印象に残った注意点を列挙します。

「強化は入ってから」-「立ち位置は、ナイトが横。後衛はできるだけ扉に近く」-「デファレンス(魅了)の範囲は狭いのでナイトは横方向に逃げて避ける。後衛の方向に逃げると、次の範囲攻撃に後衛を巻き込んで全滅コース」-「ガ系魔法と魅了は可能な限りスタンで止める」-「魅了や通常攻撃のレンジは狭いので、盾以外は前に出ず避ける」-「魅了された味方は寝かし、デセプション(味方のコピーキャラ)は寝かさず瞬殺」」-「HP半分くらいから使ってくるシードオブジャッジメント(範囲ダメ500~750)は、扉に密着すると避けられるし、ストンスキンや大地の守りが極めて有効」-「可能な限りドーピング」」-「ニヒリティ(アビのリキャスト最大化)があるので、前に出る人は二時間アビを開幕に使う」

ジョブ別の留意点としては、「赤がコンバ直後に死亡して敗北。というパターンを避けるため、コンバは扉に密着し細心の注意で」-「召喚の履行は物理に限る」-「アストラルフロウは効果が薄くMPが無駄になるので禁止」-「推奨召喚獣はガルーダ。状況と装備によりフェンリル。タイタンの大地の守りも有効」」-「範囲攻撃が後衛に来ないように、(特に狩人は)ヘイト管理をしっかり」

そして、最後に。「誰か死ぬと崩れやすいので、決め技を使おうとするより、誰も死なせない。自分も死なないように心がける」。といったアタリが、勝利の鍵だと思います。

Photo Photo_2

« 吉祥寺 タイ料理 あろいな ランチバイキング | トップページ | マリー&ガリー 03 愛とリンゴの万有魅力 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FFXI 石の見る夢 天よ聴け 魂の返歌/天輪の場 勝利への道:

« 吉祥寺 タイ料理 あろいな ランチバイキング | トップページ | マリー&ガリー 03 愛とリンゴの万有魅力 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ