« 続 夏目友人帳 09 桜並木の彼 | トップページ | とらドラ! 22 君のいる景色 »

2009年3月 4日 (水)

バージョンアップ後にAdobe-Flashが表示できなくなった時

Adobe-Flash Playerには自動バージョンアップの機能がありますが、Vistaでこれを有効にしていると、自動アップデート直後にFlashの表示ができなくなることがあります。さらに、これ以後は手動によるインストールも受け付けず、正常終了したように見えて実際にはエラーになっているため、Webのコンテンツが見られなくなります。

原因は確定できませんでしたので、とりあえず「自動アップデートとVistaは相性が悪い」ということにしておきます。解決方法としては「半端にインストールされているFlashの完全削除」をしてからパソコンを再起動。その後に手動で最新版をインストールします。

ただ、半端にインストールが進行しているため、プログラム一覧にFlashが表示されず、コントロールパネルからの削除が出来ません。こういう事態はよく起きるようで、Adobeのサイトにはアンインストーラーが用意されています。

Adobe公式のアンインストーラーと最新版のインストーラー
http://www.adobe.com/jp/shockwave/download/alternates/

上記サイトからアンインストーラーを選択して実行してから、パソコンを再起動します。続いて、上記サイトに再度アクセスします。Internet Explorer用とFirefox/Safari/Opera用が用意されているので、自分が使っているブラウザに該当するインストーラーを選びます。インストールのページが開くので、確認してからダウンロードをクリックするとインストールが行われます。なお、これでも正常に表示できないときは、再度のパソコンの再起動を推奨します。

« 続 夏目友人帳 09 桜並木の彼 | トップページ | とらドラ! 22 君のいる景色 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バージョンアップ後にAdobe-Flashが表示できなくなった時:

« 続 夏目友人帳 09 桜並木の彼 | トップページ | とらドラ! 22 君のいる景色 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ