« とある魔術の禁書目録 11 妹達(シスターズ) | トップページ | ソウルイーター 37 名探偵第一の事件 »

2008年12月15日 (月)

まかでみ・WAっしょい! 11 なんか可能性の問題なんですけど

別の番組のようにシリアスな展開。タクトを封じるために歴史を改変しようとするファバロム博士。魔法使いにならなかったタクトの運命は絵に描いたように不幸なありさま。タナロットとファルチェは存在せず、唯一残された鈴穂は病死。

歴史改変が完了する前にタクトを取り戻そうとするタナロットとファルチェ。それに協力する佐久間榮太郎とエーネウス。タクトの力を実感して静観をやめた大天使と大悪魔。

魔法ではなく科学の道を選択し、年老いて白髪となりながらも、40年の歳月をかけてタナロットを誕生させるタクト。愛と情熱に殉じるマッドサイエンティストはツボです。やってることは天馬博士に近いけど、背格好を含めてフォーグラー博士を思い出させました。

というわけで、次回最終回。

1 2_2 3_2 4

« とある魔術の禁書目録 11 妹達(シスターズ) | トップページ | ソウルイーター 37 名探偵第一の事件 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まかでみ・WAっしょい! 11 なんか可能性の問題なんですけど:

» まかでみ・WAっしょい! #11 なんか可能性の問題なんですけど。 [だい亜りー]
人間界からの下克上! 前回の衝撃的なラストから尾を引くように、アバンから不穏な空気が立ち込める! 前々から伏線として語られてきた聖母の力が覚醒してしまった拓人に、学園の... [続きを読む]

« とある魔術の禁書目録 11 妹達(シスターズ) | トップページ | ソウルイーター 37 名探偵第一の事件 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ