« ケメコデラックス! 11 ミシマ | トップページ | とらドラ! 12 大橋高校文化祭【中編】 »

2008年12月18日 (木)

六花亭のシュトーレン

久しぶりに五稜郭にある六花亭の函館店に来ました。わさわざ遠出をしたので、都内でも買える定番のお菓子を買って帰るのは芸がありません。とはいえ、帯広本店ほどの品揃えはありません。本店と違い手軽な価格の生菓子は置いていません。比較的保存のきく、お土産向きの品物がメインになっているようです。

というわけで探し始めると、クリスマスコーナーが目に留まりました。シュトーレンやパネトーネなどのクリスマスらしいお菓子が並んでいます。毎年冬にはドイツ製のシュトーレンを輸入食材店で買っているのですが、今年はタイミングが悪くて買いそびれていました。これなら都内では買えないし時期的にもピッタリです。

というわけで、シュレーン1200円とパネトーネ160円を購入しました。東京に帰ってから食べてみると、毎年食べているドイツ製の輸入菓子よりクセがなく、柔らかくて甘みも強めです。甘いのは六花亭に限らず北海道のお菓子の標準仕様なので予想の範囲内ですが、柔らかいのは輸出用のお菓子と違って保存期間が短くてすむためなのかも。

ちなみに、写真の店内の窓から見えているのが五稜郭です。でも、五稜郭側から直接店内には入れません。遠回りして車道側に回る必要があるのが観光客にはやや不便。この店に来る客の大半は自動車利用なので仕方がないのかもしれませんが。

1 2 3 4

« ケメコデラックス! 11 ミシマ | トップページ | とらドラ! 12 大橋高校文化祭【中編】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六花亭のシュトーレン:

« ケメコデラックス! 11 ミシマ | トップページ | とらドラ! 12 大橋高校文化祭【中編】 »

FlepTwitter

無料ブログはココログ