2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« 夏目友人帳 13 秋の夜宴 | トップページ | ナイズル幻灯のカギと神器クエストと鎮魂武器 »

2008年10月 1日 (水)

ユーベルブラット 8

以前紹介したギャグ漫画ブロッケンブラッドの作者・塩野干支郎次のシリアス・ファタンジー。もっとジャンルを絞るなら、剣と魔法の物語。

この漫画を知らない人のために概要を紹介しておくと。

帝国が闇の軍勢が迫られる危機に陥ったとき、それを討伐するために14人の勇者が編成された。そのうち3名は途中で討ち死。4人が裏切り、7名が成功して帰還した。と正史では伝えられているが、真実は裏切りの槍と呼ばれている4名こそが真の勇者で、7名は途中で臆病風に吹かれて戦闘を放棄。その事実を隠蔽するために仲間だった4人を殺害して手柄を横取りしていた。

20年後、7人は七英雄と呼ばれるようになりそれぞれ伯爵に任じられていたが、そこに殺されたはずの裏切りの槍のひとりである刀匠アシュリートが帰還する。彼は辺境で圧制に苦しむ人たちを助けながら仲間を得て復讐を開始する。

と、まあ、こういう話です。作者がブロッケンと同じなので、謀殺される前のアシュリートは黒髪の美少年。妖精と融合して復活した後は銀髪の三つ編みで耳の長い亜人の美少年。力を使いすぎて弱体化した際の姿は幼いお子様。と、ツボも近いものがあります。ただ、見た目は子供ですが実年齢は30代後半くらいなので、後輩や仲間を見る目には「年長者が若者に向ける温かい思いやり」というものが感じられますが。

さて8巻では、今まで断片的にしか記されていなかった20年前の戦いと欺瞞の顛末が語られます。本来ならアシュリートには仲間のひとりである貴族の養子になる幸せな未来が待っていたはず。ということで、悲劇性が強調されます。そして、七英雄の中で、ただひとり反省して善政を敷いているグレンの男っぷりが強調され。他のどうでもいい悪人達より先にグレンが切られることで悲劇が加速。

登場する帝国側の人物では、正義感あふれる優秀な面子がほぼグレンの部下なので、話し合えば分かり合えたかもしれない可能性が潰えたかに見える瞬間。前巻までは選定侯のお姫様と仲間になって幸せになる可能性もあると思えましたが、そういう甘い展開を期待してはいけないようです。

Image1

ユーベルブラット 8 (ヤングガンガンコミックス) ユーベルブラット 8 (ヤングガンガンコミックス)

著者:塩野 干支郎次
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

余談なのですが、同じ作者なのに選定侯のお姫様よりブロッケンに登場する男の子たちのほうが色気があるのはどうしてでしょ。やっぱり「こんな可愛い子が女の子のはずがない」のでしょうか。(^^;

« 夏目友人帳 13 秋の夜宴 | トップページ | ナイズル幻灯のカギと神器クエストと鎮魂武器 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/24160015

この記事へのトラックバック一覧です: ユーベルブラット 8:

« 夏目友人帳 13 秋の夜宴 | トップページ | ナイズル幻灯のカギと神器クエストと鎮魂武器 »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ