2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« シェーキーズ35周年 | トップページ | マクロスF 25 アナタノオト »

2008年9月26日 (金)

ブロッケンブラッド 3

3巻発売日に近所の書店に出かけたところ見つかりません。うっかり「入荷してないのでは」と勘違いしそうになりましたが、今までの2巻とかなり雰囲気の違う表紙で気付かなかっただけでした。ということで無事3巻ゲット。

この漫画を知らない人のために説明しておくと。

17世紀ドイツの錬金術師ヨーハン・シュルツは錬金術で人工魔女を開発。その子孫や弟子はブロッケンの血族として世界中に拡散。中には錬金術を悪用するものもあらわれた。主人公の男子高校生・守流津健一は、従兄弟で元魔女っ娘ヒロインだった四方田礼奈により、強制的に変身魔女っ娘ヒロインにされ悪の錬金術師と戦うこととなった。

というのが最初の話だったはずなのですが、1巻の途中から人気アイドル・ノイシュバンシュタイン桜子としてブレイク。2巻では主に人気アイドルとして芸能活動中心の話にシフト。でも、嫌々女装させられる主人公の可愛さと、敵として登場する錬金術師たちの変態ぶりのギャップを楽しむギャグ漫画という基本は変わりません。

3巻は。なんと偽スキャンダルで桜子はマスコミから干されドサまわりになる急展開。捜査でテレビ局に入るため、新たな仮面・美少女気象予報士ホーエンツォレルン楓に変身。桜子と楓の出演番組がダブルブッキングになり着替えまくってヘトヘトになる始末。

本人はヘトヘトなので、1巻や2巻のようには戦えない。危ないときに助けに来るのは、かって敵だった美少年ふたり。というヒーロー物のお約束展開。でも、その後の展開は当然普通ではないわけですが。(^^;

妹の愛も変身できるはずなのに1巻と2巻では活躍の場がなかったのが、出番があって一安心。でも、かわりに花京院京香たちの出番が減ってしまったのが寂しい3巻でした。ということで、4巻が待たれます。

Image1

ブロッケンブラッド (ヤングキングコミックス) Book ブロッケンブラッド (ヤングキングコミックス)

著者:塩野 干支郎次
販売元:少年画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« シェーキーズ35周年 | トップページ | マクロスF 25 アナタノオト »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/24043377

この記事へのトラックバック一覧です: ブロッケンブラッド 3:

« シェーキーズ35周年 | トップページ | マクロスF 25 アナタノオト »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ