2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« 阿佐ヶ谷七夕祭 | トップページ | MediaCoderでゲームの音楽をまとめて変換する »

2008年8月 7日 (木)

複数フォーマットを変換 MediaCoder インストール編

WAVをMP3に変換するだけなら、日本語で開発されている単機能のツール充分ですが、複数のフォーマットを扱う場合、いちいち対応ツールを用意するのは面倒です。そこで、日本語にも対応し、wikiも用意されているフリーソフトMediaCoderを導入します。

プログラム本体の開発と提供元はこちら
http://mediacoder.sourceforge.net/download.htm

Wiki。注意事項や最新情報の入手はこちら
http://www13.atwiki.jp/mediacoder/pages/1.html

扱えるフォーマットの多さが特徴で、MP3、AAC、WMAなどの音声ファイルだけでなく、VOBやASF、RealVideo、Quicktime、Flashなどのビデオにも対応します。

開発をしつつ公開しているため、最新版と並んで安定した前のバージョンも公開されています。今回は最新の0.6.1.4166を選択します。次の画面では32bit版と64bit版の選択ができます。大半の人は32bitだと思うので、今回は32-bit(x86)Get Installerをクリックします。続いてダウンロードサーバを選択します。どこの回線が混んでいるかは運なので、適当に選んでつながる回線を探します。今回は、いろいろ試して最終的にUSAから落とせました。なお、Vistaを使っている場合は、ダウンロードの邪魔をしてくるので画面上の「ここ」をクリックして一時的にダウンロードの許可を与えます。

入手したexeを実行してインストールします。インストールが終わると自動的にホームページに接続されます。しかし、毎回ホームページに接続されては起動が遅くなります。次回から接続しないようにするために、Do not show this page on next startupにチェックを入れてからSatrt mediacoderのボタンを押します。

Vistaを使っている場合は、ここでいきなりエラーになるか、ダンマリとなります。まあ、こういうことはVistaユーザーの宿命みたいなものなので、ゲイツの悪口でも言ってから一度終了させます。ディスクのprogramフォルダの中にあるMediaCoderフォルダを開き、mediacoder.exeを右クリックし、プロパティ-互換性の順に選択し、「管理者としてこのプログラムを実行」にチェックを入れ「適用」を押します。これで mediacoderを再起動すれば正常に動くと思います。

正常に進むと「開発には皆さんの協力が必要なので寄付金をもらえるとありがたい」という趣旨のページが表示されます。寄付金は強制ではなく、収めなくても使えるので、これについては任意に。そのほかに、コーデックやプラグインなどの周辺ソフトをインストールするか聞いてくる場合もありますが、それについては必要なときに再度取りに来ても問題ありません。今回は無視してページを閉じます。

続いて日本語化します。optionsを選び、user interfaace laangageからjapaneseを選択します。確認で「OK」を押し、一度終了させて再起動すると、日本語になっています。

具体的な使い方については、個別に例を挙げて後日紹介したいと思います。

1 2 3

« 阿佐ヶ谷七夕祭 | トップページ | MediaCoderでゲームの音楽をまとめて変換する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/22846289

この記事へのトラックバック一覧です: 複数フォーマットを変換 MediaCoder インストール編:

« 阿佐ヶ谷七夕祭 | トップページ | MediaCoderでゲームの音楽をまとめて変換する »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ