2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« 迷ってしまう携帯電話選び | トップページ | 夏目友人帳 7話 子狐のぼうし »

2008年8月18日 (月)

ソウルイーター 20話 黒血の共鳴戦!

決め技が効かずに絶体絶命。マカ役の声優さんは下手で聞き辛いと思っていましたが、うまくなったのか見ているほうが慣れたのか、いい感じのタンカを切ります。クロナのほうは、実の母親から英才教育というより児童虐待に見える育て方をされて性格が歪んでいく回想シーンが登場。

現実は危機的状況なのに、渋いギャング映画みたいな脳内会議。ソウルの脳内会議なのに、魂の共鳴をしているせいでマカも登場。いつもより可愛くみえます。ソウルには、こう見えていると考えたほうが良いのかも。ふたりのダンスは、戦闘で勝つための方策を話しているのに、ロマンチックなラブシーンにも見えました。

現実に回帰。黒血の力を取り込んだせいでパーサーカー状態になるマカ。素手で武器を止めるアクションとマカの表情は、強化されたことと、中身まで人間離れしてしまう危険の両方が分かりやすくてよいです。声優さんの成長に期待しつつ<次回を楽しみに。

Photo 2 4 6

« 迷ってしまう携帯電話選び | トップページ | 夏目友人帳 7話 子狐のぼうし »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/23068930

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルイーター 20話 黒血の共鳴戦!:

» (アニメ感想) ソウルイーター 第20話 「黒血の共鳴戦〜恐怖に刃向かう小さな魂の大奮闘?〜」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ソウルイーター SOUL.3 死武専地下攻防戦・第二防衛ライン。マカはありったけの力でクロナを攻撃するが、クロナには魔女狩りすら通用せず、逆に圧倒されてしまう。一方、ソウルも「強さを得るため理性をとばせ!」と小鬼の強い誘惑を受けていた。そして、どんな絶望的状況...... [続きを読む]

« 迷ってしまう携帯電話選び | トップページ | 夏目友人帳 7話 子狐のぼうし »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ