« ARIA最終巻とジェノベーゼ | トップページ | SP1と新しいフォルダ »

2008年3月20日 (木)

Windows Vista SP1とFFオンラインの文字入力

今回のVISTAのバージョンアップのすごいところは、いきなり「今回のバージョンアップを削除する方法」の説明と、インストール時に発生が予想されるエラーが複数列記された注意書きを読ませる点。テスト段階で不具合が起こりまくったのが目に見えるようです。今回の準備と位置づけされていた前のバージョンでは一部のパソコンが起動しなくなるというニュースも流れ、しかも、それが解決したというニュースは流れてこなかった経緯もあります。入れるなら自己責任で。ということなんでしょうか。

さて、肝心のSP1の効果について。最初はいくつか実験した結果をブログに書いてあったのですが、再現性に問題があるのと、感覚的な違いというか誤差範囲の違いなので、結局実験結果は消すことにしました。リリースノートを読んでも、安定性の向上がメインのようなので、ファイル容量とインストール時間が大きな割には地味だったようです。

2007年秋のバージョンアップのときは、劇的に安定を実感できました。というより、それまでの10ヶ月はまともに動かなかった。というほうが正確なんですが。今回は、すでにそこそこ安定していたため、違いが感じられなくなっていた。ということなんだと思います。

「動いているパソコンは良いパソコン」という説に従うならば、今現在大きな問題が出ていない人は、急いで入れる必要はなさそうです。人柱がもっと増える初夏くらいまで待つのが賢明かもしれません。

« ARIA最終巻とジェノベーゼ | トップページ | SP1と新しいフォルダ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vista SP1とFFオンラインの文字入力:

« ARIA最終巻とジェノベーゼ | トップページ | SP1と新しいフォルダ »

FlepTwitter

無料ブログはココログ