2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« その後のSP1と風邪 | トップページ | 真心の温度とナイズルアサルト »

2008年3月26日 (水)

VISTAの画面表示の不具合

SP1になってからいくつかの不具合が発生しているのですが、再現性の無いものはしばらく様子見としても「画面の表示がおかしくなる」という現象については何度も発生してるので、「SP1をあてたVISTAの画面表示にはバグがある」と断定して問題ないと思われます。

1.タスクバーのアイコンが見えなくなる
 アイイコンが消えたのではなく単に見えないだけ。クリックすると実行可能

2.削除したプログラムのアイコンがデスクトップに残る
 お試し版などで一時的にインストールしたプログラムを削除した際にアイコンがデスクトップに残ることがある。このアイコンをさらに消そうとしても実際には存在しないので消せない、再起動すれば完全に消失。

3.ゴミ箱を全消去してもアイコンがいくつか残る
 多数のファイルが入っている状態のゴミ箱を開いたまま「ゴミ箱を空にする」をクリックすると、一部のアイコンが残ってしまう。全部残るわけではないのが不思議。一度ゴミ箱を閉じて再度開くと消えている。

4ガジェットが重なって表示されたり。ガジェットの一部が不表示になる
 4つの項目を登録してあるとき、ひどいときには上の3つが消えて下の1つだけが表示されている。完全に消えたのなら上につまるはずだが、その部分は空白になって表示されている。

現象面だけ書きましたが、原因はどれも同じ可能性があります。推察するに画面の描画タイミングが遅れたり抜けてしまうのではないでしょうか。当初のリリース予告どおりならSP1はカーネルを大幅に変更しているはずなので、いわゆる初期のバグが発生している状態と考えられます。ということで[急いでSP1をあてるな。できれば次のパッチまで待つのが賢明」と思われます。

« その後のSP1と風邪 | トップページ | 真心の温度とナイズルアサルト »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/11862423

この記事へのトラックバック一覧です: VISTAの画面表示の不具合:

« その後のSP1と風邪 | トップページ | 真心の温度とナイズルアサルト »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ