« 青魔法ラーニングと追加された新エリア | トップページ | 降臨、異貌の徒と踊り子AF »

2008年3月14日 (金)

解明への灯と不思議な煌き

引き続きFFの追加クエのお話。サチコを見た人に誘われてバストークのクエ・解明への灯に6人でいくことになりました。しかし、どういうわけか。私はパシュハウとグローベルクのエリチェンで落ちやすく。今回も嫌な予感の通り何度も落とされ、戻るまでに10分近くが経過。なんとか再ログインして他のメンバと合流すると。ひとりが前のクエを済ませておらず、結局5人で行くことになったといわれました。でも、敵が弱かったので、まったく問題ありませんでした。とりあえず、クララ隊長の必殺技はかっこよかったです。でも、隊長の顔がゆがんでいると思うのは私だけでしょうか。萌え担当じゃないからCGの造形で手を抜いたんだろうか。その後に登場した女侍は汎用キャラの顔だったせいか、ちゃんと可愛いかったのに。(^^;

そのあとソロで、現代にある要塞や氷河の段差をこえられるようにするサブクエスト。不思議な煌きをやりました。しかし、wikiにある説明を読んで、Lycopodiumってなんだっけ。と悩みました。よくわからないのでいろいろクグった結果、よーするに緑ネームで花の咲いているマンドラゴラだと判明。(^^;

クエそのものは、過去世界のバタリア(F5)、要塞(MAP2枚目G9→MAP3枚目E8)、北グスタベルグ(F9)の3箇所を回り、Lycopodiumをたげってイベントを起こすだけ。これで現代に戻ると、過去にLycopodiumの居た位置に光が出現しているので、そこにサンドリアのゴブが売ってるアスフォデルをトレードすると、段差の上にワープできるようになる。という便利なものです。これからは、氷河と要塞の第2門にソロで行けるので箱開けが楽になります。アスフォデルは消耗品なので、今度、まとめて買っておこう。

Fle080313202304a Fle080313204231a Fle080313205904a

« 青魔法ラーニングと追加された新エリア | トップページ | 降臨、異貌の徒と踊り子AF »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解明への灯と不思議な煌き:

« 青魔法ラーニングと追加された新エリア | トップページ | 降臨、異貌の徒と踊り子AF »

FlepTwitter

無料ブログはココログ