2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

サポートの返事と枯れた栽培

今日はいろいろあってFFにログインしたのが24時直前。LSの固定メンバによるレベルあげは無断欠席になるし、栽培をチェックすると枯れてました。(^^;

サポートからはメールが届いており「遅くなってすまなかった。まだ解決してないなら再度メールして欲しい」(要約) という前回とまったく同じ内容。原因は自分で突き止めたのと、このままサポート相手に不毛な永久ループをするのも疲れたので、再度のメールは出さずに「亞北ネル」。

2008年3月30日 (日)

カンパニエで経験値ロストする謎とその回答

昨日の「カンパニエ中なのにアライドタグが外れていて死ぬと経験値ロストする」問題。ゲームマスターに連絡したところ待ちが80人。当然1・2時間で終わるわけも無く、夜遅くなったのでログアウト。で今日になってログインするとメールが来ていて「遅くなってすまなかった。まだ解決してないなら再度メールして欲しい」(要約) というメールが入ってました。再度メールしたのですが、また待ちが70人で、2時間ほどプレイしながら待ちましたが夜遅くなったのでログアウト。これを永遠に繰り返すのか。サポート体制ダメすぎ。(^^;

ところが、待ちながらカンパニエをしているときに、偶然にも昨日と似た状況になり原因を発見してしまいました。この現象が起こるには以下の条件があります。

発生条件
1.敵陣に攻め込んでいる時だけ起こる
2.攻撃中にカンパニエが終了して敵が徒歩で帰還するモードのときだけ起こる

ということで、具体的に起きた現象を説明すると。

1.カンパニエ開始
2.無人の敵陣にターゲットfortification出現
3.プレイヤーはターゲットに攻撃を開始
4.その間に敵の防衛軍出現
5.プレイヤーの一部がターゲットを敵の防衛軍に変更、これを攻撃
6.その直後にカンパニエ終了、アライドタグが外れる
7.攻撃続行中なのでカンパニエの音楽は消えず。敵の防衛軍もfortificationもしばらくその場に残っているので、プレイヤーはカンパニエ終了に気づかない。そもそも、気づいても、敵のヘイトが残っていて反撃してくるので攻撃をやめられない。

この状態で敵に倒されて死亡するとアライドタグが外れているので経験値ロスト。(^^;

この問題が今まで目立たなかったのは、防衛戦のほうが多くて、敵陣で戦うことが少なかったせいだと思います。これはバグというか仕様というか。どっちににしても不具合だと思うのですが。改善してくれないだろうか。でも、このサポートが無限ループする状況で、ゲームマスターにどうやってこの情報を伝えればよいのでしょう。はてさて。

Fle080330200501aFle080330201629a_2 Fle080330204608a_3

画面キャプチャの1つめはターゲットを叩いているところ。2つめは暗くてよく見えないかもしれないけど、突然カンパニエが終わって徒歩で敵が帰っていくところです。

3つめのQuadav guardはアライドタグがないのに戦場に出入りしているし、普通にはからまれないし。これはいったいなんだろう。また謎が増えてしまった。

2008年3月29日 (土)

カー君と一緒とカンパニエバトルのバグ?

カンパニエのポイント稼ぎではカーバンクルが最適と確信したので、本日はそれを実証するためにカンパニエをいくつか転戦。パシュハウ沼(S)で自己最高の経験値2130を記録しました。ただ、これは敵との攻防も関係しているようで、敵の防衛部隊が不在のときの壁叩きだとイマイチ。攻撃に徹するときはフェンリル、敵との攻防があるときは周囲の友軍を全員回復できるカー君と使い分けたほうがよさそうです。

Fle080329193321a Fle080329193830a Fle080329194957a

さて、じつはこの検証中に不可解な現象が起きました。カンパニエのアライドタグをつけて壁をたたいていたときはタグがちゃんとあるのに、そのあと、いつの間にかタグが外れていて、敵に殺されたら経験値ロスト約1200。そのときは、うっかりタグを付け忘れた可能性も捨て切れなかったので、ログアウトして、たまたまとっていたスクリーンショットを確認。やはり勘違いではなく、戦闘の途中でアライドダグが消えていました。

私の後に殺された人や、諸点に遠隔武器を投げ続けてた人にもタグがついていませんでした。複数の人が同時にタグを付け忘れるというのは考えにくいので、これはやはりバグの可能性が大きそうです。ということで、今回の件はゲームマスターにメールしておくことにしました。返事はどうなるかな。はてさて。

高速バス乗り放題きっぷが発売されるらしい

5月1日から発売。使用開始は6月1日から。有効期間6日間。6日目に夜行バスを利用すれば関西や東北から翌日の朝着のバスで東京に戻ることも可能。昔なら即トライだけど、いまだと体力持つかなあ。前に夜行バスで弘前まで行ったときに腰痛めたもんなあ。(^^;

ルート図を確認すると、北海道は札幌基点で函館からのバスが無いので、北海道までバスで行くのは無理ですね。九州なら乗り継いで行けそうだから、行くなら関西&九州方面かな。などといろいろモデルコースを考えてみるのも旅の醍醐味。

http://www.kakuyasubus.jp/news/unlimited/

2008年3月28日 (金)

赤いなべつかみとNM

本日は昨日とり損なった「赤いなべつかみ」を主目的に、いろいろまとめてやることにしました。アイテム狙いだけだと単調で飽きるので、輸送任務とかカンパニエとかを交互にまぜることにしたのです。

というわけで召還士に着替え、アウトポストへの補給物資の輸送指令を受け、北グスタベルク(S)へワープ。現地に着くとカンパニエが始まっていたので参加。しかし、範囲魔法攻撃に巻き込まれてあっさり死亡。リレイズで蘇生したら、またまた範囲魔法攻撃にまきこまれて速攻で死亡。でも、幸いにもレイズをもらえて蘇生しました。

さて、戦闘終了後に衰弱したまま補給物資を届けてからアウトポストに戻ると、始めてみるSandwormという名前の巨大イモムシみたいなNMがいます。LSの仲間に問い合わせると[何もアイテムは落とさない。でも、真龍並みに強い」という迷惑なだけのシロモノと判明。アウトポストの前なのでつい油断して、写真をとっとこうかと接近したのが運の尽き。発見されて死にました。カンパニエ中ではないので経験値ロスト約1200。(^^;

衰弱から回復したらまたカンパニエが始まったので、ロスト分の経験値を取り戻すために参加。しかし、この時点でまだSandwormがアウトポストの裏にいたため数名がまきこまれました。死んだ人を蘇生したり、攻めてきたカメと戦闘。カー君のおかけで、あっさりロスト分以上の経験値を稼いで戦闘終了。カンパニエのポイトン稼ぎではカーバンクルのコストパフォーマンスが最高と確信。特に、ルビーの癒しIIでPC・NPCを問わず周囲にいる友軍全員を回復できるのが素晴らしい。バシュハウ沼(S)では獣使いも悪くないと思っていたけど、ポイトン目的なら召還士にはかなわない。せっかく獣使いも75にしたけど、獣使いはメインではなくサポとして運用されそうです。

と、いろいろやっていたけど、そもそもの目的である「赤い鍋つかみ」はまだ手に入っていません。そこで北グスタベルク(S)に見切りをつけてグロウベルグ(S)に移動。アウトポストのすぐ下で3匹倒したらあっさり出ました。今までの苦労はなんだったのだ。

クエストのお礼にもらえたアイリーンのパイの性能を調べたら(HP・MP+50 全ステ+4)。先日のクエスト「降臨、異貌の徒」でもらったミーゴ風海の幸串焼(DEX+5 VIT+2 MND-2 攻+10 防+25%)と並ぶ高性能です。ここぞという時に使わないともったいないので倉庫に保管。本日のプレイを終了しました。

Fle080328211603a Fle080328233338a

2008年3月27日 (木)

真心の温度とナイズルアサルト

獣使いを75にしたので、以前からやり残していたクエスト「真心の温度」をすませることにしました。なぜ今まで放置していたかというとキーアイテムの「赤いなべつかみ」が簡単に出なかったのと、報酬にもらえるアイリーンのパイの性能が不明で、倉庫の邪魔になるだけの可能性もあったためです。

WIKIの情報によると色の黒い、よーするに鎧を着てないクーダフが落とすらしいので、召還に着替えてから北グスタベルク(S)でカメをしばくことに。しかし、何匹倒しても「赤い鍋つかみ」が出ません。途中でカンパニエが始まるとそちらに参加。終わるとまたアイテム狙いの戦闘。という繰り返しをしましたが、あまりに出ないので飽きてアトルガンに行くことにしました。

白門に着くと、おりよくナイズル脚狙いのPTシャウトがあったので参加。カエルの魅了に操られた仲間に殺されたりしましたが、ベヒモスを倒すことに成功。アイテムも出ましたが、自分の希望していたデナリ脚ではありませんでした。今日はアイテムに恵まれない日だったようです。

Fle080329204708a

2008年3月26日 (水)

VISTAの画面表示の不具合

SP1になってからいくつかの不具合が発生しているのですが、再現性の無いものはしばらく様子見としても「画面の表示がおかしくなる」という現象については何度も発生してるので、「SP1をあてたVISTAの画面表示にはバグがある」と断定して問題ないと思われます。

1.タスクバーのアイコンが見えなくなる
 アイイコンが消えたのではなく単に見えないだけ。クリックすると実行可能

2.削除したプログラムのアイコンがデスクトップに残る
 お試し版などで一時的にインストールしたプログラムを削除した際にアイコンがデスクトップに残ることがある。このアイコンをさらに消そうとしても実際には存在しないので消せない、再起動すれば完全に消失。

3.ゴミ箱を全消去してもアイコンがいくつか残る
 多数のファイルが入っている状態のゴミ箱を開いたまま「ゴミ箱を空にする」をクリックすると、一部のアイコンが残ってしまう。全部残るわけではないのが不思議。一度ゴミ箱を閉じて再度開くと消えている。

4ガジェットが重なって表示されたり。ガジェットの一部が不表示になる
 4つの項目を登録してあるとき、ひどいときには上の3つが消えて下の1つだけが表示されている。完全に消えたのなら上につまるはずだが、その部分は空白になって表示されている。

現象面だけ書きましたが、原因はどれも同じ可能性があります。推察するに画面の描画タイミングが遅れたり抜けてしまうのではないでしょうか。当初のリリース予告どおりならSP1はカーネルを大幅に変更しているはずなので、いわゆる初期のバグが発生している状態と考えられます。ということで[急いでSP1をあてるな。できれば次のパッチまで待つのが賢明」と思われます。

2008年3月24日 (月)

その後のSP1と風邪

花粉症がひどいくなったと思っていたら頭痛が。どうやら風邪も併発したみたいです。

それはさておきSP1。導入後数日経過、プラスの変化はなかなか気づかないものですが、欠陥は目に付くのが世の習い。本日は起動直後のタスクバーからウィルスセキュリティのアイコンが消失してました。クリックはできるので、単純にアイコンが表示されなくなっただけ。これは、以前にもたまに起きていたから、単純に「直ってない」ということでしょう。さらに、ガジェットが重なり合って表示される。これは記憶に無い症状ですが、新たなバグなのか、たまたま今まで発生しなかったのかは不明です。とりあえず不具合があることは確認できました。さらに、重なったガジェットを移動させようとすると、スライドショーが消失。これは、再度登録して復帰させました。

IEの文字入力中にカーソルが消滅する頻度は若干少なくなった気がしないでもないし。ウィンドウが重なったときに下のウィンドウをAero以外の手段では選択できない不具合も若干発生頻度が下がったような気もしないでもないですが。不具合の発生がまったく無くなったわけではないので、あいかわらずVISTAの画面表示はダメっぽいです。

表示を直してから。「しまった不具合画面のキャプチャをとっておくべきだった」などと思い、後から手動で無理やりガジェットの重なり画面を再現してみました。本当はもっと重なって感じられましたが、雰囲気はつかめるかと思います。

Saigen

2008年3月23日 (日)

ニコニコムービーメーカーとflvとswfとGom Player

ニコニコ動画から落とした作品を、パソコン上ではFLV Playerで再生していたのですが、ここにきて新たな問題が発生ました。ニコニコムービーメーカーで作成した作品が再生できなかったのです。ファイルを調べたところ、拡張子は.flvになっているのですが、実際のフォーマットは圧縮済みswf(ヘッダcws)でした。これは拡張子をswfに変更してIE7.0で再生可能なので当初は拡張子を変更していたのですが、もう少し情報を集めるとGom Playerを使えば、携帯の画像も含めてほとんどのフォーマットが再生可能とわかりました。

というわけで、ニコニコ関係の再生はflv playerからGom Playerにバトンタッチ。日本製なのでメッセージが日本語だし、細かい設定が可能なのは好ましいです。静止画の再生は画像がゆがみますが、動画専用で使えば問題なし。これは、末永く使えそうです。

http://www.gomplayer.jp/

Gom1 Gom2

2008年3月22日 (土)

SP1と新しいフォルダ

SP1を入れても体感できる劇的な変化は無く、他の人のレポートなどを読んでも、ごく一部の人が速くなったというだけで、ほとんどの人には体感できるほどの速度向上は起きなかったようです。スペックの上では新HDDフォーマットであるexFATを新規サポートしましたが、これについては下位互換が無いので、しばらくは使用を控えたほうが安全そうです。無線LANも使ってないから、そちらの恩恵にも浴せません。

では、まったく変わらなかったかというとそうでもありません。ディスクをよく見たら、Perflogsという新しいフォルダが出来ていました。これはパフォーマンス計測のためのログファイル。SP1を入れると強制的に作られてしまうようです。中を見ると空なのでパファーマンスの測定を強制的に実行するほど押し付けではないようです。もう少し資料収集したり試さないと削除してよいものか不明なので、とりあえずは放置することにしました。

さて、いろいろファイルの入れ替えが発生したので、この機会にデフラグをしてみることにしました。使用するのはフリーソフトのAusLogics Disk Defragです。vistaの基本機能のデフラグより格段に速いのが特徴の優れもの。でも、速いとはいっても相手は300GBなので若干時間がかかります。待つ間に未見のアニメなど見て夕飯を食べたら、その間に終了してました。試してみると体感できるほど劇的に高速化。SP1導入直後とはえらい違いです。この速さがSP1との相乗効果なのかは今となっては計測不可能。まあ、とりあえず、速くなったからいいか。(^^;

Defrag

2008年3月20日 (木)

Windows Vista SP1とFFオンラインの文字入力

今回のVISTAのバージョンアップのすごいところは、いきなり「今回のバージョンアップを削除する方法」の説明と、インストール時に発生が予想されるエラーが複数列記された注意書きを読ませる点。テスト段階で不具合が起こりまくったのが目に見えるようです。今回の準備と位置づけされていた前のバージョンでは一部のパソコンが起動しなくなるというニュースも流れ、しかも、それが解決したというニュースは流れてこなかった経緯もあります。入れるなら自己責任で。ということなんでしょうか。

さて、肝心のSP1の効果について。最初はいくつか実験した結果をブログに書いてあったのですが、再現性に問題があるのと、感覚的な違いというか誤差範囲の違いなので、結局実験結果は消すことにしました。リリースノートを読んでも、安定性の向上がメインのようなので、ファイル容量とインストール時間が大きな割には地味だったようです。

2007年秋のバージョンアップのときは、劇的に安定を実感できました。というより、それまでの10ヶ月はまともに動かなかった。というほうが正確なんですが。今回は、すでにそこそこ安定していたため、違いが感じられなくなっていた。ということなんだと思います。

「動いているパソコンは良いパソコン」という説に従うならば、今現在大きな問題が出ていない人は、急いで入れる必要はなさそうです。人柱がもっと増える初夏くらいまで待つのが賢明かもしれません。

2008年3月19日 (水)

ARIA最終巻とジェノベーゼ

ARIAの12巻を購入。実はネットや広告でのネタバレ情報に待ちきれなくなり、最終数話は雑誌掲載時に読んでいたのですが、改めて読むと感無量。雑誌で読んだときは「終了が決定したので駆け足の消化試合」みたいなマイナス印象も持ったりしたのですが、単行本でまとめて読むとそんなこともなく、感動的な終わり方でした。まだアニメは数話残っているので、余韻を楽しむことにいたします。

さて、吉祥寺に買い物に行き、伊勢丹の物産展で鶏飯のお握りを買い。続く東急のイタリア展でいろいろ味見。ここでジェノベーゼ(ジェノバ風バジルペースト)が気に入ったのですが、吉祥寺にはKALDIがあるのを思い出し、その場では買わないでKALDIにいったら店頭でバジルペーストのバーゲンをしていたので、そちらを買いました。さんざん味見をしておいてひどい客だ。まあ、秋葉原で買い物するときも、いろいろ説明を聞いておいて、最安の店で買う人だから、いつものことなんですが。(^^;

というわけで、今日の夜食はオリーブオイルとパルメザンを加えたバジルペースト添えのクラッカー。チェダーチーズとコーヒーになりました。

Aria12 F1000003

2008年3月18日 (火)

踊り子AFフルコンプとカンパニエ

またFFのお話。そろそろ素材の値段も安定してきたようなのと、上着とスボンが倉庫の邪魔なので、踊り子AFをフルコンプして装備係りに預けてしまうことにしました。

というわけで、競売で3種類分の材料をそろえからバストークの仕立て屋に。話しかけて服の部位を指定してから該当の材料を渡し、ヴァナ時間で翌日になると完成。待つ間に各国のカンパニエに参加したり、獣使いでカメを狩って超重装甲を取ったり、これを3回繰り返します。ようやく完成で着てみましたが、やっぱり男の子の着る服じゃないです。特に頭の花飾りが変態さん。他の男性踊り子も頭だけはベレー帽などの別装備にしてました。

というわけで、写真を撮って一度だけフル装備でベヒモスと戦った後は、装備預かりのNPCに渡して封印してしまうことにしました。(^^;

Fle080318232031a_2 Fle080318232057a_2 Fle080318232351a_2 Fle080318233145a_2

2008年3月16日 (日)

降臨、異貌の徒と踊り子AF

今回もFFの話。今日で追加クエの主だったものを終了させましたが、ウィンの追加クエ「降臨、異貌の徒」のストーリーが一番面白かったです。以前のミッションみたいな展開で、なんと男ミスラ登場。従来の設定を覆すような衝撃の展開。いろいろと想像が膨らむエピソードでした。

BCは地下から進入してきたヤグード兵49匹を殲滅するというものです。青ソロでやろうと思って扉の前に来たら偶然ナイトさんがいたので、一緒にやることにしました。結論から言うとふたりで組んで正解でした。wikiの説明と違って、入った場所に敵はおらず、数名づつ移動しているのを追いかけて戦うことになりました。動き回るため青魔法の範囲攻撃では殲滅しきれず。麻痺と沈黙をうけてしばらく行動できなかったので、ナイトさんのケアルに救われました。ソロだったら、死んでいた可能性もあるので、安全のために回復系の薬を持参して、ふたりで行くことを推奨します。

これで、主だった追加クエは終わったので、放置していた踊り子AFをとろうかと思ったのですが。上着とズボンをもらって着たところで、他の部分は保留することにしました。理由は、材料費がまだ高騰していることに加えて、デザインが「かまっぽい」から。(^^;

女の子なら、これでいいんでしょうが。男が着る服じゃないと思います。フラメンコ衣装がモチーフみたいなので、男のほうは黒いスーツとつば付きの帽子にして欲しかった。性能は悪くないので惜しいです。

Fle080315202657a

2008年3月14日 (金)

解明への灯と不思議な煌き

引き続きFFの追加クエのお話。サチコを見た人に誘われてバストークのクエ・解明への灯に6人でいくことになりました。しかし、どういうわけか。私はパシュハウとグローベルクのエリチェンで落ちやすく。今回も嫌な予感の通り何度も落とされ、戻るまでに10分近くが経過。なんとか再ログインして他のメンバと合流すると。ひとりが前のクエを済ませておらず、結局5人で行くことになったといわれました。でも、敵が弱かったので、まったく問題ありませんでした。とりあえず、クララ隊長の必殺技はかっこよかったです。でも、隊長の顔がゆがんでいると思うのは私だけでしょうか。萌え担当じゃないからCGの造形で手を抜いたんだろうか。その後に登場した女侍は汎用キャラの顔だったせいか、ちゃんと可愛いかったのに。(^^;

そのあとソロで、現代にある要塞や氷河の段差をこえられるようにするサブクエスト。不思議な煌きをやりました。しかし、wikiにある説明を読んで、Lycopodiumってなんだっけ。と悩みました。よくわからないのでいろいろクグった結果、よーするに緑ネームで花の咲いているマンドラゴラだと判明。(^^;

クエそのものは、過去世界のバタリア(F5)、要塞(MAP2枚目G9→MAP3枚目E8)、北グスタベルグ(F9)の3箇所を回り、Lycopodiumをたげってイベントを起こすだけ。これで現代に戻ると、過去にLycopodiumの居た位置に光が出現しているので、そこにサンドリアのゴブが売ってるアスフォデルをトレードすると、段差の上にワープできるようになる。という便利なものです。これからは、氷河と要塞の第2門にソロで行けるので箱開けが楽になります。アスフォデルは消耗品なので、今度、まとめて買っておこう。

Fle080313202304a Fle080313204231a Fle080313205904a

2008年3月13日 (木)

青魔法ラーニングと追加された新エリア

昨日に引き続きFFのお話。今日は追加された青魔法をラーニングすることにして、アルザビでシャウト。6人集まったところで現地に行くと他のPTから合流依頼が来て、最終的にお手伝いを含む11人に。偶然にも「11人いる」になったんだけど、そのときはリーダーをしていたのでまったく余裕が無く、このネタは今書いていて思い出したりして。(^^;

最初はジャグナーからラヴォール村に行くことにしました。聞きなれない地名ですが、まあ、ようするに20年前のダボイです。ここに直立するノールが大量にいるという情報だったのですが、最初は見つからずに他に移動しようかと話をしていたら、ようやくG10付近で発見。移動途中に敵に絡まれてふたりほど死にましたが無事蘇生。ラーニング中に3匹リンクしたり、ひとり死んだりしましたが、本気モードで戦ってなんとか殲滅。全員がアシュラクローを覚えました。

続いてパシュハウ沼に移動して、I9でリガージテーション、諸点に戻る道すがらコローシブウーズと順調に進みます。ここで、時間切れの人は離脱。4人だけ残ってカルゴナルゴ城砦に移動。移動先のすぐ下にいたラフレシアからあっさりシードスプレーをゲット。最後にジヤグナーに戻りI6付近に移動。でも、レディバグは朝にならないと技を使わない。ちょいと試したけど、夜だとやっぱり使わない。というわけで、しばし休憩して朝を待ちます。夜明けとともに戦闘を開始して、スパイラルスピンをゲット。無事本日の目標を達成して解散。手伝ってくれた人達に感謝の一日でした。

Lun

2008年3月12日 (水)

白魔法と黒魔法

FFオンラインのマイキャラをプロフィールにしているのに、ゲームに関係ないB級グルメな話題ばかりだったので、今回はFFの話でも。

3月のバージョンアップで黒魔道士用の帰還魔法リトレースと、白魔道士用の移動魔法リコールパシュ、リコールメリファ、リコールジャグの3つが追加されました。そんなわけで、今日は黒と白の魔法を取ることにしました。

リトレースは過去ウィンダスでクエを受けます。鼻の院院長が借りていた本を強奪された話を聞き、20年後の現代に戻ってギデアス宝物庫のヤクードから買い取ります。20年もたっているため本はボロボロ。これを修理する材料を集めて渡し、ヴァナ時間で翌日になると魔法がもらえます。ただ待っているのもなんなので、その間にリコール3つのクエを済ませてから、再度受け取りにくることにしました。

リコール魔法3つは、以前のテレポクエと同様に要塞、巣、古墳の各修道士から依頼を受ける形です。比較的簡単で戦闘も必要アイテムもありません。魔法感知と見破りの敵がいるので、移動に注意するくらいでしょうか。

初期の頃に比べると移動手段がいろいろ増えてるけど、それでも、指示された場所をあちこち往復するので結構時間がかかります。それに加えて、従来のテレポと同じく飛び先のゲートクリスタルを事前にとった人にだけ魔法効果が発動するので、続けて3箇所を回りゲートクリスタルもゲット。というわけで、本日は過去世界をあちこち飛び回って終わりました。

同じようにクエで走り回る人たちがたくさんいたので、敵陣深く入り込んでいる割には、なんだかにぎやか。パシュハウ沼のクリスタルの近くでは、追加された青魔法のラーニングをしているらしい人達も見ました。次は、追加された青魔法もとらなければ、などと思いつつ本日はログアウト。

Jagu Meri2

2008年3月 7日 (金)

ロケットガールとビビンババイキング

私は野尻抱介氏の著書が好きである、あまり好きなせいか、どの本が出ても急いで書店に買いに走らず、思い出した頃にアマゾンで調べると在庫切れで、あわてて新宿の紀伊国屋まで買いに出かけるほど好きである。と、今回は司馬遼太郎風にはじめてみました。

まあ、そんなわけで、うっかり買いそびれた「魔法使いとランデヴー」を買いに新宿まで行ってきました。それほどまでして手に入れた本ですが、今回の話はこの本の内容についてではありません。だって、まだ読んでないから。

じつは、この本を買いそびれたことを思い出してアマゾンを見たら、すでに在庫切れ。それどころか、中古で倍近い値段が付いている始末。中古で倍近い値段が付くほど人気の本を出版社が増刷しないのは不思議です。そこで、「これは流通が滞っているだけで在庫はあるのではないか」との推測に至りました。

とりあえず近所の書店に行きましたが、当然ながら見つかりません。そこで、他の用事もかねて新宿に出かけた際に、この手の書籍に強い紀伊国屋のタイムズスクエア店に寄ると、棚に表紙を表にして並んでいるのを発見。念のため奥付を調べると、まだ初版で、他にも在庫が数冊ありました。

Image4_3 倍の値段で中古を買った人がかわいそう過ぎる。いや、売った人は倍の儲けだから、幸せは差し引きゼロか。念のため著者のwikiを調べたら、これで市販されている本はコンプリートしたようなので、ゆっくり時間をかけて読みます。遅筆な著者は、なかなか新刊を出してくれないので。

さて、ちょうどお昼でもあったので帰りに大久保の味ちゃんに寄ることにしました。以前から興味を持っていたビビンババイキングの店です。バイキングとはいっても、「食べ放題」ではなく「盛り放題」の店です。ご飯と具を好きなだけ、ただし1回だけ盛ることができます。味付けも自分でするのですが、食べ初めてからは修正できません。でも、食べ残したら罰金なのは、他の食べ放題の店と同じです。

通常の食べ放題なら「このおかずがもっと欲しい」と思ったら足せるのですが、今回は出来ません。しかも、私が盛っているときにひき肉のソボロがほとんど残ってあらず、あとから台に追加が並んでも、それを足せない。ひき肉と温泉卵をもっと入れていたら、ちょうど良い味加減になっただろうに。というわけで、量だけでなく、味に関しても一発勝負の店でした。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ