2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ほぼスマホ Nexus 7

ねんどろいど

« 最終兵器彼女外伝集世界の果てには君と二人で 高橋しん著 | トップページ | ロケットガールとビビンババイキング »

2008年2月29日 (金)

ハントンライスと物産展

新しい郷土料理というか、ご当地洋食としては根室のエスカロップが有名で、これは気に入って自分でも何度か作ったりしているのですが、最近になって長崎のトルコライスとか金沢のハントンライス、などというものが存在することを知りました。

特にハントンライスは比較的シンプルで、レシピを知るというより食べた人の感想を聞くだけで再現できそうですが、本物を食べてみないと味の再現が出来たかどうかの確証が得られません。というわけで、ハントンライスの現物が池袋西武の物産展に出展されるという情報を得て、味を盗みに行くことにしました。

さて、食券を買い中に入ると揚げ物とか積まれ閑散とした店内。安い定食屋の雰囲気です。「これは失敗したか」と思いましたが、そのとおりでした。(^^;

F1000001_2

肉の見えないチキンライスの上に半熟の薄焼きオムレツ。その上に魚のフライとエビフライが乗っており、トマトケチャップとタルタルソースをかけます。パセリと福神漬けをそえて出来上がり。これだけみると、庶民的な洋食屋のメニューとしては、それほど不自然ではありません。

しかし実態は、チキンライスは保温用のジャーから出しただけ、フライはどちらも冷め切っており、時間がたちすぎて劣化の始まったような味。ケチャップとタルタルソースは業務用スーパーで見かける1キロ入りチューブ。

オムレツはその場で普通に調理されたので、温かいオムライスの部分は普通の洋食として食べられます。でも、冷めたフライがトッピングとして合っていない印象を持ちました。それでも値段が850円くらいならアリなんだけど、なんと1050円。内容に比べて高すぎます。金沢市民でも食べた経験のない人がいる理由が分かったような気がしました。

でも、金沢に行くと580円くらいの店もあるようなので、その値段なら次に金沢に行ったときに試すのも悪くないかな。などと考えたりもする味でした。

« 最終兵器彼女外伝集世界の果てには君と二人で 高橋しん著 | トップページ | ロケットガールとビビンババイキング »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/536144/10835315

この記事へのトラックバック一覧です: ハントンライスと物産展:

« 最終兵器彼女外伝集世界の果てには君と二人で 高橋しん著 | トップページ | ロケットガールとビビンババイキング »

Flep Twitter @itadorimaru

recommend


楽天トラベル・宿

Google search

無料ブログはココログ